『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】カーズ/クロスロード─────天才レーサーが立たされた人生の岐路

※ネタバレなし。
※酷評です。筆者の主観全開の感想で、意味不明な部分が多々ある可能性があります。

 

2017年7月24日
カーズ/クロスロード
(原題:Cars 3)

 

【評価:2.8/5.0】

 


【一言】

「挫折と困難の物語」と言うにはあまりにも薄すぎる内容。
全体的に薄いエピソードの集合体というイメージ。
特に終盤への苛立ち(?)がとても印象的。
自分個人の意見では、描くべき部分がズレていた印象。
残念、本当に。

 

続きを読む

【体験】苦手だった『PCゲーム・ノベルゲーム・美少女ゲーム・ギャルゲーム・エロゲーム』をやってみた。

 これまでずっと苦手意識を抱いて嫌煙してきた『PCゲーム・ノベルゲーム・美少女ゲーム・ギャルゲーム・エロゲーム』をプレイしました。
 プレイした総合的な感想と、各ゲームの感想を書いておきます。

 

【一言】

何事も体験せずに嫌う「食わず嫌い」はダメ、絶対。

プレイしてみて、良い点/悪い点の両方を感じることが出来たのは大きな収穫。

「PCゲームは小説と同じ!」

冴えない彼女の育てかた』の主人公達はこれを制作していたのか………。

 

続きを読む

【映画・アニメ】ノーゲーム・ノーライフ ゼロ───濃厚世界観と美麗な絵で語られる、感動的な“物語”

※ネタバレなし。
2017年7月16日
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ

 

【評価:4.6/5.0】



【一言】

超濃厚世界観と美しい絵で語られる、感動的な“存在しない物語”。
派手で繊細で、感動する“語られない神話”が素晴らしかった。
言葉と思考の一つ一つに重みがある作品。

 

続きを読む

【アニメ】『ノーゲーム・ノーライフ』の情報・用語・世界観を大整理。 映画『ノゲノラ ゼロ』を見る前の事前知識総まとめ!

劇場版 ノーゲーム・ノーライフ ゼロ

  アニメ『ノーゲーム・ノーライフ』の劇場版に関するあらすじや見どころ、キャラクター等の紹介と、作品内の世界観や16種族などの説明をまとめて頂きました。
 この世界観を知っておくだけで、劇場版『ノゲノラ』が数百倍楽しめること間違い無しです。

 

  今回の記事は、原作を読んでいる知人が書いた文章をほぼそのまま掲載させてもらいました。
 一部、内容や表現を筆者が改変した部分があります。間違っている部分があるとすれば、筆者に責任があることを予め書いておきます。

 

続きを読む

【美術展】『エリック・カール展』──「絵本の魔術師」が描く優しく鮮やかな世界

エリック・カール展 @世田谷美術館

 

 

【一言】

 『はらぺこあおむし』原作者の鮮やかで美しい絵の原画展。
 とにかくその色彩に見惚れました。 

 子供の頃を懐かしむ気持ちが湧き上がってくると同時に、当時は気が付かなかったメッセージを大人になったいま知る事ができ、とても収穫の多い綺麗な作品展でした。

 

続きを読む

【映画】メアリと魔女の花────ジブリ絵調で描かれるファンタジー冒険譚

※ネタバレなし。

2017年7月12日
メアリと魔女の花

 

【評価:2.8/5.0】

 


【一言】

スタジオジブリ」の絵調で描かれる子供向けのファンタジー冒険譚。

物語的にも視覚的にも楽しめたことが一番の魅力だと思う。

内容は正直、微妙と言わざるを得ない。ジブリの影響を色濃く受けてるけど、それを“恩恵”とするか“負の遺産”とするかは観客次第。



続きを読む

【映画】ライフ(2017)───リアリティを追求した本格的なエイリアン・ホラー

※ネタバレなし。
※画像は予告映像のキャプチャです。

2017年7月9日
ライフ
(原題:Life)

 

【評価:3.8/5.0】

 


【一言】

純粋な地球外生命体《エイリアン》映画。

国際宇宙ステーションの乗組員と映画館の観客。
彼らが抱くのは────純粋な興味と好奇心。
我々が感じるのは───戦慄するほどの恐怖。

これは「娯楽」か、「警鐘」か………。



続きを読む