『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】『武器人間』────武器と人間を融合させたい!!

映画『武器人間』の感想です。 【一言】 恐怖 & グロさは控えめ。 武器人間の造形もイマイチ。 途中までの進展は好きなタイプ。 「ナチスの背徳的な研究」って主題は好き。

【映画】『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』───薄く弱い物語内容が非常に残念

アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の感想です。 【一言】 物語があまりにも薄すぎた。 主役の声があまりにも棒読みすぎた。 キャラ絵が内容にあってない。 音楽とアニメーションのみ良かった。

【映画】『スパイダーマン:ホームカミング』───遂に、スパイディがMCUに参戦!!

映画『スパイダーマン:ホームカミング』の感想です。 【一言】 本来あるべき“ヒーロー”の姿を見た気がした。 ただ、MCUが絡みすぎて内容が薄い印象。 全体的に「微妙」って感想かな………。 最後は素晴らしかった!

【旅行】『長野・新潟旅行』─────歴史探訪と自然探索な学術旅行。

長野県&新潟県への旅行です。 松本城や川中島古戦場への歴史探訪、翡翠やフォッサマグナのある糸魚川市への自然探索。 雨っだたけど、情報量多き学術旅行でした。

【映画】『ムカデ人間3』────グロさ減、狂気さ減、下品さのみ増

映画『ムカデ人間3』の感想です。 【一言】 美しくない。 グロくない。 怖くもない。 ただ、下品で言葉遣いが悪いだけ。

【映画】『ムカデ人間2』────倫理的・道徳的に“ヤバい”描写がグロいけど、美しくない!

映画『ムカデ人間』の感想です。 【一言】 美しくない。 痛々しすぎる。 “雑さ”が増加した分、“苦痛”が増加した。 ほぼ会話がなく、全編で悲鳴,うめき声,打撲音等しか聴こえてこないのが辛い。 白黒映画というのが雰囲気的出してるし、グロさを和らげてる。

【映画】『ムカデ人間』────狂気が生み出す新たな“生命体”に興奮!

映画『ムカデ人間』の感想。 【一言】 正気の沙汰じゃない。寒気と鳥肌が襲ってくる感覚は、“怖い”ではなく“痛々しい”。 好奇のままに行為を行う、その狂気さに興奮。 「ムカデ人間」は各個人の意識が残っているのが素晴らしい。

【美術展】『西尾維新大辞展』───文字と言葉で飾られた、西尾維新の大回顧展

『西尾維新大辞展』 『言葉と文字で綴られた西尾作品の大回顧展。作品、筆者人物像、コラム、キャラetc. と網羅的展示を辞書風にしてあり、“行間”を巡る楽しい展示。 阿良々木暦×忍野忍による音声ガイドを聴きながら、西尾節に浸ります。 一言で言って「ぱな…

【映画】ブラッド・ダイヤモンド────血塗られた「紛争ダイヤ」の実態を伝えるフィクション・ドキュメンタリー

映画『ブラッド・ダイヤモンド』の感想です。 血塗られた「紛争ダイヤ」の実態を伝えるっフィクション・ドクメンタリー。 【評価:4.6/5.0】 【一言】 紛争ダイヤ」を巡るアフリカの実情をフィクションを交えて描いた衝撃的な作品。 内容も描写も衝撃的であ…

【映画】ザ・マミー/呪われた砂漠の女王────古典ホラーの見事な現代版リブート。そして「ダーク・ユニバース」始動!!

映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の女王』の感想です。前半ネタバレなし、後半ネタバレあり。 【評価:3.6/5.0】 【一言】 リメイクという点では非常に上手く現代版へと描き変えており、評価出来る。 内容的には物足りなさを感じるも、新たなる怪物の共通世界…

【短編映画】LOU(『カーズ/クロス・ロード』と同時上映)

映画『カーズ/クロスロード』の同時上映の約6分間の短編『LOU』。 【一言感想】 やっぱり、短編っていいなぁ。 とても不思議だけど、「おもちゃが繋ぐ子供の仲」を見事に描いていました!

【映画】カーズ/クロスロード─────天才レーサーが立たされた人生の岐路

ピクサー&ディズニー制作『カーズ/クロスロード』の感想。 【評価:2.8/5.0】 【一言】 「挫折と困難の物語」と言うにはあまりにも薄すぎる内容。 全体的に薄いエピソードの集合体というイメージ。 特に終盤への苛立ち(?)がとても印象的。 自分個人の意見…

【体験】苦手だった『PCゲーム・ノベルゲーム・美少女ゲーム・ギャルゲーム・エロゲーム』をやってみた。

苦手意識を抱いて嫌煙してきた『PCゲーム・ノベルゲーム・美少女ゲーム・ギャルゲーム・エロゲーム』をプレイしました。 【一言】 何事も体験せずに嫌う「食わず嫌い」はダメ、絶対。 プレイしてみて、良い点/悪い点の両方を感じることが出来たのは大きな収…

【映画・アニメ】ノーゲーム・ノーライフ ゼロ───濃厚世界観と美麗な絵で語られる、感動的な“物語”

アニメ映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』のネタバレ無し感想。 【評価:4.6/5.0】 【一言】 超濃厚世界観と美しい絵で語られる、感動的な“存在しない物語”。 派手で繊細で、感動する“語られない神話”が素晴らしかった。 言葉と思考の一つ一つに重みがある…

【アニメ】『ノーゲーム・ノーライフ』の情報・用語・世界観を大整理。 映画『ノゲノラ ゼロ』を見る前の事前知識総まとめ!

アニメ『ノーゲーム・ノーライフ』の劇場版が公開されるということで、その世界観や用語・単語、見どころをまとめました。 この世界観を知っておくだけで、劇場版『ノゲノラ』が数百倍楽しめること間違い無しです!!

【美術展】『エリック・カール展』──「絵本の魔術師」が描く優しく鮮やかな世界

「絵本の魔術師」と謳われた絵本作家エリック・カールの原画展。 『はらぺこあおむし』原作者の鮮やかで美しい絵の原画展。 とにかくその色彩に見惚れました。 子供の頃を懐かしむ気持ちが湧き上がってくると同時に、当時は気が付かなかったメッセージを大人…

【映画】メアリと魔女の花────ジブリ絵調で描かれるファンタジー冒険譚

【映画感想】 メアリと魔女の花────ジブリ絵調で描かれるファンタジー冒険譚。 【評価:2.8/5.0】 【一言】 「スタジオジブリ」の絵調で描かれる子供向けのファンタジー冒険譚。 物語的にも視覚的にも楽しめたことが一番の魅力だと思う。 内容は正直、微妙と…

【映画】ライフ(2017)───リアリティを追求した本格的なエイリアン・ホラー

2017年の映画『ライフ』の感想です。 【評価:3.3/5.0】 【一言】 純粋な地球外生命体《エイリアン》映画。 国際宇宙ステーションの乗組員と映画館の観客。 彼らが抱くのは────純粋な興味と好奇心。 我々が感じるのは───戦慄するほどの恐怖。 これは「娯楽」…

【映画】ジョン・ウィック:チャプター2───最強の殺し屋、第一線に復帰

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』の感想です。 【一言】 超かっけぇぇ! 美しすぎる人殺し。西洋版殺陣に見惚れます。 キレッキレの動きと、圧倒的な銃さばきで殺しまくる!!

【美術展】ジャコメッティ展───細くて長い苦悩の人物像

国立新美術館で開催された『ジャコメッティ展』の感想です。 【一言】 細くて長くて今にも折れそうなジャコメッティ独特の立像が何体も。 でも、キュビズム(?)、シュルレアリスム(?)、実存主義(?)………なかなか理解しがたい(@@;) 立体造形作品は実物を見る事が…

【美術展】『アルチンボルド展』───愉快で奇妙な“寄せ絵”の世界

【美術展】『アルチンボルド展』────愉快で奇妙な“寄せ絵”の世界 【一言】 奇妙で奇怪、でも愉快で不思議。 アンチボルドの描く“寄せ集め”の世界を堪能できる素晴らしい作品展。 彼の描く絵はまるで“博物館”。 リアルな動植物が身を寄せ合って構成される“顔”…

【アニメ】2017年春アニメBEST

【2017年春アニメBEST】 2017年春アニメの総まとめ感想です。 春期は『文字』と『恋』の1シーズン。美しく、力強くて、素晴らしかったです。 <作品部門BEST6> 進撃の巨人 Season2 月がきれい グランブルーファンタジー 正解するカド Re:CREATORS アリス…

【映画】パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の感想です。 ※ネタバレ無し 【評価:3.5/5.0】 【一言】 キャプテン・スパロウが帰ってきた! これまでを踏襲した台詞,小物,人物,映像等が最高! 一方で、物語内容&展開はやや残念。 それでも、『パイレー…

【ちょこっとアニメ感想】ひなこのーと

アニメ『ひなこのーと』のちょこっと感想です。 【 一言 】 ファンサービスしかない最高のご褒美アニメ! 可愛いけどエロい! エロいけど可愛い! ふわふわしたキャラデザが良きかなぁ…♡

【体験】『SEGA VR AREA』にて、歩き回れるVRゲームを初体験

セガがオープンしたVRアトラクション体験施設『SEGA VR AREA』にて、歩き回れるVRゲームを体験してきました。 【一言】 動き回れる事による没入感が凄い。 視覚・聴覚・触覚を全てゲームに注いでいるから、圧倒的な臨場感が得られる。 「………これがゲームかよ…

【ちょこっとアニメ感想】進撃の巨人Season2

アニメ[進撃の巨人season2』のちょこっとまとめ感想です。 【一言】 相変わらずの高クオリティ映像。 加えてSeason2は超重要機密が次々と明らかに! 全編で衝撃しかない全12 話

【映画・アニメ】劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

アニメ映画『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』の感想です。 【一言感想】 劇場版として完成された作品。後日談であり、前日譚であり、キャラ集合のオフ会であり、新たな物語の始まりでも。 『デジャブ』を別世界線の記憶と同義に繋げたアイデアに関…

【アニメ】シュタインズ・ゲート───視聴感想のモノローグ

TVアニメ『シュタインズ・ゲート』の感想です。 【一言感想】 科学的・非科学的・厨二病的なワードが大氾濫。 テーマの時空転移で伏線や驚展開を描き出し、人情に重点をおいて内容を濃く描く! 現実世界とのリンクによるリアリティが面白い!

【小説・アニメ】西尾維新著『偽物語』

西尾維新の小説『〈物語〉シリーズ』の三作目『偽物語』の感想です。 暦の妹愛が炸裂した上下2巻。 デレた忍の可愛さと、大小2人の妹の可愛さが本文中のあちこちに!

【美術展】「バベルの塔」展──16世紀ネーデルラントの至宝〜ボスを超えて〜

東京都美術館で開催された「バベルの塔」の感想です。 ブリューゲルの『バベルの塔』は細密かつ雄大。繊細で壮大。 威風堂々たる佇まいとそれを創り上げた人間の細かさがとても丁寧。 写実的であり空想奇天烈な世界観を描いた画家ボスとその後世関連作品群の…

【展示会】マーベル展──時代が創造したヒーローの世界

『マーベル展──時代が創造したヒーローの世界』の備忘録的感想です。 漫画とヒーローの歴史に焦点が当てられており面白かったです。 たくさんの小物や衣装、模型に興奮しました! とても楽しかったです!

【映画】光をくれた人

映画『光をくれた人』の感想。 【評価:2.7/5.0】 【一言】 純正統恋愛映画。飾らない手紙の文面がとても綺麗。 愛か、規則か、罪か、赦しか。 雄大な海と静かな音楽の前で描かれる人生劇に見入る。

【美術展】ミュシャ展

ミュシャ展 @国立新美術館 アール・ヌーヴォーを代表するチェコの画家ミュシャ。彼が晩年に残した故郷の歴史と民族を描いた壮大な作品群『スラヴ叙事詩』全20作品を展示。 【一言】 ミュシャの芸術的なポスターはもちろん綺麗だったけど、それ以上に20枚の連…

【映画】BLAME!

映画[BLAME!』の感想です。 【評価:3.0/5.0】 【一言】 壮大な世界観と滑らかなCG映像が凄い! ただ、『丁寧なデモ映画』って印象かな……。 「映画を観た」じゃなくて、「映像を見た」が正しい感想かも。

【映画】メッセージ

映画『メッセージ』の感想です。 【評価:4.8/5.0】 【一言】 息ができないほどに真剣で、呼吸が止まるほど緊迫。 SF映画,コンタクト映画として素晴らしく完成されていた作品。

【映画】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』の感想です。 【評価:4.3/5.0】 【一言】 前作よりストーリー性とファンタジー性がUPで少し残念。彼らには“ノリ”と“勢い”で闘ってほしい! でも、この感動は本物。

【映画】ワイルド・スピード ICE BREAK

映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』の感想です。 【評価:4.6/5.0】 【一言】 最高にホットなアクションと、最高にクールな車に酔いしれる130分。ただ、それだけ。

【アニメ】澤野弘之氏による『Re:CREATORS』の劇伴曲名を解読!?

澤野弘之氏が劇伴を手掛けるアニメ『Re:CREATORS』の劇伴曲名を解読してみました。

【映画】夜は短し歩けよ乙女

映画『夜は短し歩けよ乙女』の感想です。 【評価:4.8/5.0】 【一言】 すっごく忙しくて、 すっごく賑やかで、 すっごく楽しい映画! 人とのご縁と繋がりが温かい、長くて短い最高の一晩!

【映画】リング0 バースデイ

映画『リング0 バースデイ』の感想です。 【評価:2.8/5.0】 【一言】 怖さよりも内容重視かな? でも、ストーリーも面白くなかったな……。 仲間由紀恵さんの演技が素晴らしかった!

【映画】リング2

映画『リング2』の感想です。 【評価:2.4/5.0】 【一言】 恐がらせる気ある? 続編としてストーリーは面白いけど………

【映画】シン・ゴジラ

映画『シン・ゴジラ』の感想です。 【評価:4.5/5.0】 【一言】 武力攻撃シーンの迫力と政府省庁関係官僚閣僚の会議も緊迫、ゴジラの気迫が凄かった!

【映画】らせん

映画『らせん』の感想です。 【評価:2.2/5.0】 【怖さ:★】 【一言】 ナニコレ? 『リング』の続編としてふさわしいとは言えないよね……? ホラー?ミステリー?SF?恋愛?

【映画】リング

映画『リング』の」感想です。 【評価:3.0/5.0】 【恐怖度:★】 【一言】 “ホラー映画”的には微妙。 “サスペンスミステリー映画”的には悪くない。 『貞子』のデビュー作!

【映画】ラ・ラ・ランド

映画『ラ・ラ・ランド』の感想です。 【評価:4.4/5.0】 【一言】 ビビッドな音楽と、ビビッドな色が素敵だった! ただ、“物語”に重点を置きすぎたかも……。

【小説】西尾維新著『傷物語』

西尾維新の小説『傷物語』の感想です。 終始緊迫感とスピード感が絶えない内容展開と文章で、緊張感と疾走感を持って最後まで読めました! そして、最初から最後まで美しい物語でした。

【映画】ゴースト・イン・ザ・シェル

2017年4月25日 『わたしを作った奴らに、わたしを止めることはできない』 【評価:3.4/5.0】 【一言】「押井版攻殻を実写化したらこうなる」っていう映像についてのデモ版って印象。 主演、スカヨハの演技が凄かった!

【小説・アニメ】西尾維新著『化物語上・下』

【読書】 西尾維新著『化物語上・下』の感想です。

【小説】伊藤計劃著『虐殺器官』

伊藤計劃の『虐殺器官』の感想です。

【アニメ】2017年冬アニメBEST

2017年冬アニメのまとめ感想です。