メモスト

映画・アニメ・美術展などを中心に感想を書いています!

『映画』や『アニメ』、『読書』や『美術館』などの思い出を残すために始めたブログです。完全に個人用なので読みにくかったらスイマセン!

頭脳系

【美術展】『マルセル・デュシャンと日本美術』:偉大なる現代美術家作家の解説回顧展

既製品から本来の機能を剥奪した「レディ・メイド」という概念を考案したデュシャンの足跡。

【映画】『アンダー・ザ・シルバーレイク』感想:整然なるカオスと不協和音が心地良い!

※ネタバレなし。※画像は予告映像のキャプチャです。 2018年10月17日鑑賞 アンダー・ザ・シルバーレイク(英題:Under the Silver Lake) 【評価:4.8/5.0】 【一言】 漂う雰囲気や小さな演出の積み重ねが良かった。具体的に言えないけど、「あぁ、良い映画だ…

【展覧会】『[世界を変えた書物]展』感想&レポ:人間の発見・思考・叡智の詰まった壮大な「知の系譜」

数々の著名な科学者による初版本が、分野と関連で体系立てられて、《知の連鎖》が非常に分かりやすい!!

【美術展】『ミラクル エッシャー展』───不思議で空想と現実の狭間の“だまし絵”の面白さ!

緻密かつ独創的で、錯視と幻想の世界を版画で描き出したエッシャーをめぐる美術展。

【映画】『犬ヶ島』───細部まで作り込まれた“日本の雰囲気”たっぷりの作品!

音と装飾が生み出す“雰囲気”と、人形の“手作り感”。視,聴,触で感じられる“疑似日本”が心地良い!

【個展】『落合陽一、山紫水明 ∽ 事事無碍 ∽ 計算機自然』──視覚的な美しさと、解説内容の難しさと。

機械と自然の概念的な融合。自然は進化し、機械は深化する。

【映画】『ザ・スクエア 思いやりの聖域』───傍観の映像は嫌悪に満ちた社会風刺を。

無機質な映像と傍観的な視点で訴えている社会風刺と義弾に感じるのは、不快感・違い和感・嫌悪感・不信感。

【映画】『トレイン・ミッション』───秀逸な伏線と“映し方”が素晴らしい!!

巧妙に張られた伏線と、誰もが疑わしく見える描き方が素晴らしい!

【展示会】『YouFab 2017 受賞作品展示会──COLLABORATIVE FUTURES-Design, Technology and Art 境界を越えたつくりかたの実験』

3Dプリンターやレーザーカッター等のデジタル工作機械で制作された、新時代のモノ作りを評価する世界的賞の作品を展示。

【展覧会】『Media Ambition Tokyo 2018』───アートとテクノロジーの融合が“未来”を描く!!

未来を創造する技術とアイデアが結合し、最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するアート&テクノロジーの陳列棚。

【映画】『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』───苦悩の末の大いなる偉業

暗号「エニグマ」を解読した天才数学者の物語。/天才が故に周囲から理解されなかったりと、「苦悩」が非常に心苦しかった/困難な中で「暗号を解く」という目的を一心に取り組む姿が素晴らしかった。 特に、暗号が解けた瞬間の喜びが最高!!

【アニメ・映画】『空の境界 the Garden of sinners』───映像と音楽に飾られた濃密な物語

アニメ映画『空の境界』の感想です。 【一言】 徹底して創り上げられた「魔法・魔術」の生きる世界観が、物語に濃密さを加えている。 作品全体に漂う「暗く重い雰囲気」と「異様な緊張感」が最高に良い! 背景映像の美麗さと、映画を彩る音楽が作品をより素…

【映画・アニメ】劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

アニメ映画『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』の感想です。 【一言感想】 劇場版として完成された作品。後日談であり、前日譚であり、キャラ集合のオフ会であり、新たな物語の始まりでも。 『デジャブ』を別世界線の記憶と同義に繋げたアイデアに関…

【アニメ】シュタインズ・ゲート───視聴感想のモノローグ

TVアニメ『シュタインズ・ゲート』の感想です。 【一言感想】 科学的・非科学的・厨二病的なワードが大氾濫。 テーマの時空転移で伏線や驚展開を描き出し、人情に重点をおいて内容を濃く描く! 現実世界とのリンクによるリアリティが面白い!

【映画】メッセージ

映画『メッセージ』の感想です。 【評価:4.8/5.0】 【一言】 息ができないほどに真剣で、呼吸が止まるほど緊迫。 SF映画,コンタクト映画として素晴らしく完成されていた作品。

【映画】シン・ゴジラ

映画『シン・ゴジラ』の感想です。 【評価:4.5/5.0】 【一言】 武力攻撃シーンの迫力と政府省庁関係官僚閣僚の会議も緊迫、ゴジラの気迫が凄かった!

【小説】伊藤計劃著『虐殺器官』

伊藤計劃の『虐殺器官』の感想です。

【映画】虐殺器官

映画『虐殺器官』の感想レビューです。 <殺戮本能を呼び覚ますこの言葉に、君は抗えるか> 【評価:4.7/5.0】

【映画】インフェルノ

映画『インフェルノ』の感想レビューです。 <人類は滅びる――全てはお前次第だ。> 【評価:4.3/5.0】