メモスト

映画・アニメ・美術展などを中心に感想を書いています!

『映画』や『アニメ』、『読書』や『美術館』などの思い出を残すために始めたブログです。完全に個人用なので読みにくかったらスイマセン!

SF

【アニメ映画】『HELLO WORLD』:デジタル<日常>とアナログ<SF>が融合するセカイ系の新世界

こんな壮大なSFは見たことない!京都を舞台に、数多オマージュの先にある❝ラスト1秒❞までが予測超越!現実を作品補完に取込む《xR》アナログな青春と恋は愛おしく萌え、デジタルな求心アクションに興奮!

【映画】『アド・アストラ』:孤独も恐怖も好奇心も捨去り潰した単調ドキュメンタリー。

感情を制御し心の内で叫ぶ。冷静と情動を込めるブラピの名演技!物語は単調な伝記ドキュメンタリー。あまりにもパーソナルな部分に寄り過ぎて、壮大な宇宙観と《孤独》が完全に薄まり潰れてしまい勿体無い。

【作品展】AFTERL-IFE WORLD:ネオンカラーが照らす日本カルチャー愛溢れたサイバー世界観イラスト!

ネオンカラーは「デジタルの冷たさ」を演出し、パステルカラーは「人間味ある温かさ」の印象!電線が走り、漢字の看板が光る、日本愛と人間情緒溢れる親近感湧く風景!人工的なネオンカラーが近未来感を、氾濫する文化要素がパンク感を演出!

【アニメ映画】『天気の子』:雨降り冷たく灰色の東京で、暑い陽光が街も心も晴れ模様に変えていく!

とっても良い作品! 胸が透くように綺麗な風景映像と、 心に晴れ間が広がるような映画でした! ただ、やりすぎ。 求めていた《リアル》を勘違い 《距離》も《キャラ像》も別物。

【映画】『X-MEN: ダーク・フェニックス』:完結作としてはお見事!けど最終作の期待とは乖離......

最終作としてはビミョーだけど、完結作としてはイイ!物語が非常につまらなかったけど、キャラの魅力でなんとか補っていた感覚。正直な感想は「あぁ、そうか」。

【映画】『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』:人類史上未曽有の破壊力を誇る怪獣決戦映画、爆誕!

古の神話より覚醒せし怪獣決戦。未曾有な破壊力を前に抱く畏怖!「怪獣の見せ方」完璧な映像と音楽!

【アニメ映画】『プロメア』:炎上必至の歌舞伎活劇!熱い火消の纏を掲げ、鋭い見得を切る!

消火の為に魂を燃やせ!熱い火消の纏を掲げ、鋭い見得を切る!台詞聞けば胸の興奮イグニッション!音楽聴けば脳内テンション最高潮!剥出しの炎&色調感覚が格好良い!

【展覧会】『シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019』:未来を現在でつなぎ留める、不思議な力のあるデザイン!

“未来”を手掛ける工業デザイナー。 太古の立体彫刻で描く、未来の歴史。 コンセプトアートが風景画に馴染む。 未来志向の移動機/建築物を、現実に留めるように描き込まれた人間や異種族の生活背景がとても綺麗!

【映画】『アベンジャーズ/エンドゲーム』:純然たる英雄譚でヒーロー達の一大叙事詩の完結。

全作品と登場人物がプレリュード!“Avengers”を飾る最高のフィナーレ!壮絶なるオープニング。劇的なるストーリー。偉大なるエンドロール。11年、22作、3フェイズ。 純然たる英雄譚《MCU》。 ヒーロー達の一大叙事詩。

【作品展】redjuice展「印刷技術の進化と、デジタルイラストの可能性」:陰影と濃淡を美麗に出力する!

「明暗」が印象的なイラストにおける濃淡や色相変化、メタリックな機械の金属光沢や、武器/装備の傷や汚れ、髪や肌を彩色したグラデーションの絶妙な変化、それらが綺麗に出力!

【アニメ&映画】2019年が舞台のアニメ3作+α:超有名な傑作SF作品の西暦がやってきた!

『AKIRA』,『図書館戦争』,『ロボノ』...etc. 2019年が舞台の超有名作品が描いた”未来”の真っ只中で”現実”を感じられる夢のような西暦2019年。

【映画】『キャプテン・マーベル』:MCUフェーズ1作品群と肩を並べる最高のヒーロー映画に!

MCU前日譚として完璧で、世界観が繋がる“あの”感覚が再び! ★希望★アイデンティティ★勇気★➔記憶喪失の彼女が、誰もが待ち焦がれる“ヒーロー”として立ち上がる姿が格好良い!

【まとめ感想】劇場版三部作「サイコパスSS」:現在/過去/未来を繋ぎ世界を拡張する傑作群!

『PSYCHO-PASS』というコンテンツ自身を拡張し掘り下げ、社会風刺の問題提起を行うディストピア作品の傑作群!

【アニメ映画】『サイコパスSS Case.3 恩讐の彼方に__』:「ディストピアとは?」を問う傑作に!

無機質に管理され犯罪0の日本、紛争絶えずも“生”の実感抱く南亜、果たして《ディストピア》はどっち?

【アニメ映画】『映画ドラえもん のび太の月面探査記』:ドラえもん達が物語の”蚊帳の外”なのがとても残念!

38万㌔離れた《友情》は、月を見上げる度に思い出しそう!

【アニメ映画】『サイコパスSS Case.2 First Guardian』:刑事魂燃える濃密軍事サスペンス!

《正義と信念》を胸に真実を追う征陸智己の刑事魂が静かな熱意を帯びて格好良い!

【展覧会】『SCIENCE ADVENTURE OIOI;COLLABO SHOP』:科学アドベンチャーシリーズの総展覧会!

科学ADV《C;H・C;C・S;G・R;N・O;N》の作品の軌跡を辿る貴重な資料展覧会!

【アニメ映画】『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』:正義を追い、社会を斬る!

“偽りの楽園”に隠れた社会の闇は、正義か必要悪か、現代日本を抉る社会的物語が重厚。

【映画(試写)】『アクアマン』:見事な映像で贈る、支離滅裂で残念物語のヒーロー映画。

「俺は…一体何を観ているんだ?」一貫性に欠ける映画を観て心に浮かぶのは虚無感と呆然さ。

【美術個展】名和晃平「Biomatrix」:自然物と人工物の中間、機械的で生命体的な作品。

呼吸をするかのように気泡を発する“セル”の流動的な様子は美しく気味悪く。

【展覧会】『2018年のフランケンシュタイン』感想&レポ:バイオアートに見る芸術と科学と社会のいま

神に近づくかのごとく日進月歩をする現代科学技術を活かした、盛り込んだ芸術作品がとても興味深い。

【映画】『ザ・プレデター』感想:銃撃&殺戮は最高も、“プレデター”ではない!

捕食者《プレデター》の最新作。 殺戮や銃撃戦は迫力あったけど、物語は残念。

【映画】『アントマン&ワスプ』感想:見飽きたアクション、つまらない物語!

「身体を縮める」特徴を活かしたアクションは見慣れてしまって目新しさはなく残念。

【映画】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』感想&あらすじ───襲う恐竜のスリル!迫る溶岩の恐怖!

名画のように美しい構図で映される“スリル”が、緊迫と驚怖を最大限に煽る!

【映画】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』───圧倒的スケールの驚愕アメコミ・ヒーロー映画!!

桁違いなスケールの“全編クライマックス”なバケモノ映画!

【映画】『レディ・プレイヤー1』───最高に嬉しく楽しいポップカルチャー集合映画!!

映画・ゲーム・マンガ・音楽……とポップカルチャーを詰め込んだ歴史的な作品!

【映画】『ブラックパンサー』───アメコミ初の黒人ヒーローは、社会的問題の寓話を語る

舞台のアフリカ感を随所に散りばめたヒーロー映画!

【展示会】『YouFab 2017 受賞作品展示会──COLLABORATIVE FUTURES-Design, Technology and Art 境界を越えたつくりかたの実験』

3Dプリンターやレーザーカッター等のデジタル工作機械で制作された、新時代のモノ作りを評価する世界的賞の作品を展示。

【展覧会】『Media Ambition Tokyo 2018』───アートとテクノロジーの融合が“未来”を描く!!

未来を創造する技術とアイデアが結合し、最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するアート&テクノロジーの陳列棚。

【体験】『近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds』───攻殻世界に浸るリアルな仮想ゲーム

『攻殻』と相性抜群のVR×FPS×サバイバルゲームの本物のような仮想ガンゲーム!