『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ


2016年4月29日
【評価:5.0/5.0】
 
【一言】
上手い、素晴らしすぎる!
これは観ていてマジで楽しい!
ヒーロー達、格好良かったなぁ〜!
 
 
『友情が、友情を引き裂く――』
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
(原題:Captain America: Civil War)

 

 
 

【STORY】

キャプテン・アメリカ3作目。
Marvel Cinematic Universe (MCU)の13作品目

 
 ソコヴィアでの戦いから1年。新メンバーを加えたアベンジャーズは世界各地で活動していた。しかし、ヒーローの活躍の一方で国境や外交問題を無視する行動や、戦いに巻き込まれる一般人の問題が浮上する。

 そこで国際社会が出した結論はアベンジャーズ国連の指揮下に置くというもの。
 幾度となく世界を救ったヒーローを監視下に置くのか、これまで通り活動を認めるのか。意見の食い違いから二分されるアベンジャーズ。そしてそこに数々の私情や過去が混ざり込み・・・。
 
 果たして、ヒーローとアベンジャーズの行方やいかに?
 

 
 

【詳細】

監督:ルッソ兄弟
制作:Marvel Studios
主題歌:EXILE・ATSUSHI「いつかきっと…」
上映時間:147分
日本公開:2016年4月29日
配給:Walt Disney Studios Motion Pictures

 
 
 
 

【感想】


 いや、本当に素晴らしかったです!これは自分の中でアメコミの頂点に位置するアベンジャーズと並びました。
 
 監督のルッソ兄弟の腕前に脱帽!見事にまとめ上げて、良いストーリー展開で、見応えのある映像、ヒーロー一人ひとりを立てる演出。最高ですよ!

 何よりもまずヒーロー・キャラ達が格好良すぎる!今回、何人ものキャラクターが登場する訳ですが全員の見せ場がちゃんと用意されていました。個性あるヒーロー達の戦い方が本当に活かされた映画でした。
 
 MCUを思いっきり意識し、過去作品と繋ぎ、未来作品に繋げていましたね!これがMARVELの楽しみですから!
 一方でアメコミ初心者や、過去作を観ていない人にとっても楽しめると思います。是非!
 
 今作から登場する2人のヒーロー、そしてアベンジャーズに初参加するヒーローが全く違和感なく溶け込んでいました。本当に上手いなぁ〜。
 
 バトルシーンが最高過ぎた!今まで以上にたくさんのシーンがあり、しかもそのクオリティが高すぎる!予告編で出てきた空港のシーンが最強!
 ストーリーについても全く問題なし。そうだよ!MARVELならここまでやってくれるって期待していましたよ! 最後、素晴らしい締め方。

 正直、このキャラクターの顔ぶれを見た時は「アベンジャーズ2.5」とかでもいいんじゃない?って思っていました。でも、それは違う。本当にちゃんと『キャプテン・アメリカ』の3作目でした!
 
 ちょくちょく遊びますね〜。笑いましたよ。なんですか?あのゲスト出演者は?そして、もちろんあの方も!ヒロイン達が皆美しすぎません?可愛すぎですよ!
 そう!字幕版を観たんですが、主題歌がATSUSHIじゃなかった!超嬉しい!(でも一言二言言わせてください。)
 
 
 
 

 とにかく面白くって、最高に素晴らしかった!自分の中ではアメコミ作品の中で「アベンジャーズ」が一位に輝いているんですが今作はそれに並ぶか、超えちゃいました。
 
 だって何人のヒーロー、キャラクターが出てきました? 見どころと呼べる素晴らしいシーンがいくつありました? 笑える場面の数は? ストーリーの面白さは? まぁ最初のMARVELのロゴが現れたシーンで笑みが溢れていましたが(笑)
 後でまた書きますが、監督たちには拍手ですよ!







 やっぱりまず書くべきはヒーローについてですよね!超格好良かった!「アベンジャーズ」級の登場キャラ数なのに全く妥協しない描き方で本当に楽しませてくれました。
 
 ヒーローを活かすのが上手いですね。ヒーローの能力は同じものが2つと無いわけですよ。パワードスーツを着たり、盾を使ったり、ビームを出したり、弓を放ったり………。で、今作はそんなヒーロー達が何人も出てくるんです。それがごちゃごちゃに混じり合うわけですからどうなるか少し心配してました。
 



 
でも全く問題ありませんでした!出てくるヒーロー達の能力や戦闘方法を全く妥協せずに一人ひとり丁寧に描いていました。そして個性を活かしたコンビ技やチームバトルがどんどん決まって観ていて本当に楽しかったです!
 
 アメコミで何が面白いかって言ったらやっぱり最初に挙がるのはヒーロー達の超人的能力を使ったバトルだと思うんです。そこをしっかりと描いてくれたからこそ、今作は駄作なんかにならずここまでの傑作になったんだと思います。
 
 あとはキャラクターの性格等をしっかりと描いていました。例えばアントマンは軽い感じ、若いスパイディはチャラめ、ホークアイは渋いって具合に。この個性も大切ですからね。
 
 余談ですが………先日観たアメコミ映画「バットマンvsスーパーマン」は最悪でした。2大ヒーローが戦うというのに2人の能力を全く活かさない描き方だったんです。バットマンはカスタムしたモービルを、スーパーマンは空を飛んだりビームを放ったりって戦い方をしなかったんです。

 
 
 

 バトルシーンが最強だった!今までに内容な激しいバトル、臨場感のあふれるカメラワーク、そして能力を活かした迫力ある闘い!

 
 本当はヒーロー一人ひとりの戦い方とかを語りたいんですがネタバレになっちゃうし、一人ひとりでは語り切れないので。
 
 やっぱり予告編にも出てくる空港でのバトルシーンが1番かな!ここは歴史的名場面の仲間入りを果たしたと思いますよ。アメコミ映画史上でも一位、二位を争うシーンでは?
 なにせ何人もヒーローがぶつかり合うわけですよ。能力バンバン、殴り合い、撃ち合い、奇策ありと目が離せないどころか、瞬きさえ惜しいです。
 
 あとは最後の施設でのバトル。詳しくは書きませんがこれまた名カットが生まれましたね〜。
 
 個人的にはアントマンと、スパイディの戦い方が良かったです。(他のキャラは見慣れたっていうのもあるでしょうけど…)
 2つのチームに分かれて戦うわけですけれども、その戦い方がチームバトルならではの演出でとても楽しめます!


 
 

 ヒーローといえば。今作から登場し、MCUの仲間入りを果たした2人がいますね。そう、「スパイダーマン」と「ブラックパンサー」!それからアベンジャーズに仲間入りした「アントマン」。これまた見事に映画に組み込むんですよ。
 
 詳しくは観て欲しいので書きませんが、全く違和感なし。普通に観てて楽しめるけど、アメコミ過去作を観ている人は笑えると思いますよ(笑)
 ってスパイディ若すぎないですか?(笑) パーカー本人も、おばさんも。
 
 
 

 ストーリー展開も完璧。皆さん「バットマンvsスーパーマン」を覚えですか?アレとは雲泥の差ですよ。あっちはゴミですよ。
 
 元々アベンジャーズというチームで仲間だった彼らを戦い合わせるにはしっかりとした根拠のある展開が必要です。で、今作には十分な理由と詳細な展開が用意されております全く問題なし。って前々から用意されていたんですね?
 
 違和感なくキャラ達を2つのチームに分けます。ここが本当に凄い!観ていて、気がついたら2陣営にわかれていたって感じ。これは上手いですよ。
 ラストの終わり方もMARVELチック。これは完璧な傑作です!

 
 
 

 しっかりとMARVELの過去作品、MCUを意識していてさすが。なにせこの作品間での繋がりが楽しみの1つですからね。
 
 単語とか、映像とか…。これも自分で気がつくのが楽しいものなのでノータッチで。
 あ、初めての人にとっては関係ないです。分かったら楽しいって感じなので初見でも余裕で楽しめますよ!

 
 
 

 この映画の制作&公開が発表されて、ポスターが公開され、予告動画がアップされて自分はずっとこの作品は「キャプテン・アメリカ 3」ではなく「アベンジャーズ 2.5 (3作目は決定済みなので)」の方がふさわしいんじゃないの?って思ってました。
 
 でもそれは大きな間違い。これは正統なキャプテンアメリカの3作目です。それは見れば分かります。





 で、ここまで長々と書いてきてやっとです。 監督のルッソ兄弟、本当にありがとうございました!ここまでの傑作を、アメコミ映画を作ってくださって!これだけ書けば詳しくは書く必要ないと思います。





 当たり前ですがキャストが豪華!そして自分はヒロイン達、それを演じたキャストに惚れ込みました。
 
 ブラック・ウィドウを演じた「スカーレット・ヨハンソン」、スカーレット・ウイッチを演じた「エリザベス・オルセイン」、エージェント13を演じた「エミリー・ヴァンキャンプ」、メイ・パーカーを演じた「マリサ・トメイ」。
 
 スカーレット・ヨハンソンの美貌はまぁいつも通りですよ。重要なのは「エミリー・ヴァンキャンプ」の方。ヤバイ。めっちゃ可愛い!綺麗!美しい!あの笑顔が超キュート!実はあるドラマの主演の時から目を付けていたんですが今作で確信に変わりました。
 
 あとはある人物がゲスト出演するんです。自分が好きな俳優の一人なので驚きと同時に嬉しかったです!そして、いつも通りあの方のカメオ出演も!今回は今はまで以上に笑いをとってました(笑)

 
 
 

 今回、パンフレットのクオリティが高くて良いですね。
 大きなビジュアルで、1ページに一人のヒーロー紹介、過去作品やシリーズのまとめ、ストーリー紹介とアメコミならではの内容で楽しませてくれました。
 これは買う価値ありですよ!




 今回、字幕版で鑑賞したんですが主題歌が英語版のままでした!あの日本版ゴミ主題歌を聞かなくて済んだんです!
 でも言わせてください。宣伝の時点で腸が煮えくり返っていますから。なんの冗談ですか?エイプリルフールはとっくに過ぎてますよ。ディズニーのアホキャッチコピーに、ゴミ主題歌、クソ宣伝。何をやっているの?
 
 なんですか?このゴミ日本版主題歌は?誰が歌っているって?「EXILEのATSUSHl」ですよ。(クッソ…あの刈込サングラスが…)
 
 ディズニー配給映画は日本版の主題歌を日本のアーティストに歌わせますが今回は史上最低最悪。なんてわざわざ彼なの?歌詞を見ました?吹き出すほど映画にあってない歌詞ですよ。別にEXILEは好きじゃなかったけど、これで嫌いになりました。勝手にシビル・ウォーでもして分裂解散でもしてくださいな。だれかデッドプールに暗殺依頼してくれたりしないかなぁ〜。

 
 あと、邦題。原題では「Captain America: Civil War」とキャプテンアメリカの3作目としての正式な位置づけとなってます。でも邦題は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」とシビル・ウォーが最初に。あくまでこれはキャプテンアメリカの3作目なんだからここは変更したらダメですよ。宣伝でもアイアンマンとかを全面に押し出しているし・・・。



 

【鑑賞前予備知識】

キャプテン・アメリカ
 第二次世界大戦下の1941年、米軍のある計画で人為的に超人的能力を得る。事故から冷凍冬眠に入るが現代になり蘇る。

ヴィジョン
 スタークの人工知能JARVISから誕生したヒーロー。宇宙的力を持つインフィニティ・ストーンと呼ばれる最強アイテムの1つを所持。(紫色の顔)
ヒドラ
 骸骨とタコをシンボルとするナチス・ドイツ系の秘密悪組織。人工的に超人を生み出す実験などを行う。長い間アベンジャーズの敵であったが陰謀を暴かれ組織は解体された。
ウィンター・ソルジャー/バッキー
 第二次世界大戦下でキャップの親友だったが、ヒドラに捕まり洗脳される。人工冬眠されており現代になった起こされた。
ニューヨーク
 映画「アベンジャーズ」でエイリアンが地球に侵攻した際にアベンジャーズが敵と戦った場所。
ワシントンD.C.
 映画「キャプテンアメリカ 2」でアベンジャーズ所有の巨大飛行空母が敵との戦いで墜落し大きな被害を出した場所。
ソコヴィア
 映画「アベンジャーズ 2」で戦闘の舞台となった街。敵の装置が作動し街ごと空中に持ち上げられ、その後墜落し甚大な被害をもたらした。

広告を非表示にする