『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】ガールズ&パンツァー 劇場版


2016/07/17
【評価】4.8/5.0

【一言】
ヤバいぃぃ!
迫力がありすぎ!これは劇場版にして120%の本気を出せる作品。
ガルパンは良いぞ!

 
『取り戻せ― 大洗女子学園、決断の時― 新たな試合〈たたかい〉が始まる! 』

【STORY】

全国大会で見事優勝し、学校の廃校を回避した大洗女子学園の戦車道部。(TVアニメ)
 優勝後のエキシビジョンマッチを戦った大洗女子達にある事が知らされる。再び窮地に陥った彼女たち。

 絶体絶命の状況を打開するために彼女たちは戦車に乗り込む!対するは社会人チームをも倒す大学の選抜戦車道チーム。
 「清く、正しく、たくましく」の戦車道精神の下、彼女たちは前進する!『パンツァー・フォー!』


 

 

【詳細】

監督:水島努
制作:アクタス
配給:ショウゲート
主題歌:ChouChopiece of youth
上映時間:119分
日本公開:2015年11月21日
HP:

http://girls-und-panzer.jp/





【感想】


 2012年にアニメが放送され、2015年11月末に劇場版が公開。公開から30週間が経ち、興行収入22億円、観客動員数は120万人突破。今年9月まで延長上映が決定してます。

 これだけの作品ともなるとむしろ興味と義務感から観ましたが、最高でした!!冒頭でアニメの内容振り返りがあるので初心者でも大丈夫。ぜひ観に行って欲しい!
 まず、爆音で有名な「立川シネマシティ」で観てきました。とにかく音がヤバかったです!!

 で、映画。素晴らしすぎです!本当にあと2,3回は観たいと思わせる完成度でした!
 まず戦車戦のシーン。これ、大きなスクリーンと大ボリュームで観ると全然迫力が違いますよ。超興奮しました!しかも、60分以上は戦車戦のシーン!

 内容は至ってシンプルそのもの。ここを複雑にしない分、バトルシーンに時間をかけられて、この良作が誕生したんですよ!
 あとは、劇場版ならではのニヤニヤさせる演出がたくさん!!







 映画本編の感想の前に音響について語らせてください。(※長いので興味がなければ飛ばしてください)

 今回、あの「立川シネマシティ」で観てきました。そう、『爆音上映』で有名の!「マッドマックス」の爆音上映でその名を轟かせ、「ガルパン」の爆音&延長公開で名を知らしめたあの「立川シネマシティ」です!………映画ファンとアニメファンなら皆んな知っているんじゃないですかね?

 …………マジで凄かった。「マッドマックス」や「シビル・ウォー」も爆音で観たんですが、それとは比べ物にならない、数十倍の音のデカさと質!音圧がガチで凄いんだって。

 ほら、太鼓やドラムを聴くと音の振動でガラスとか内臓が震えるじゃないですか。あれです。ただし規模が違います。これは客席が揺れ、お腹に響く重低音が響き渡ります。正直、響き過ぎて気持ち悪くなりました…(笑)

 で、この音響の何が良いかって戦車だからですよ!あの重量の車両が動くと音、砲弾を撃つ砲撃音、着弾した時の破壊音…。

 この映画作った制作スタッフが映画館に来て音響調節を行ったんですって。そりぁこんな音になるりますよ!
 ガルパンに興味がなくても、この爆音はぜひこの作品で体験して欲しいです!






 本編、めっちゃ面白かったです!!これがここまでの評価を受ける理由が分かりました。

 一番素晴らしかったのはやはり戦車戦。大スクリーンでの戦いはTVとは全く別物です。とにかく迫力が全然違うんですよ!
 まず重要なのは時間。120分のうち戦いシーンは80分前後はあったんじゃないですかね?ただでさえ面白いシーンを80分も観られただけでも感激!
 迫力凄かったです。とにかく音の演出が凄いです(上参照)。

 そして劇場版というだけあってやりたい放題ですね!大洗の町がボロボロ。市街地戦、丘陵戦、廃遊園地戦、森林戦とカテゴリの違う舞台がいくつも登場してきたので全く飽きることなく楽しめました。
 また規模もデカい。TVでは最大でも20輛vs8輛。それが劇場版になると30輛という数字に!しかも投入される戦車もレア戦車や超重量戦車などでこれも面白みの一つ。

 自分はよくアクション洋画を観るのですが、ハリウッド映画のアクションよりも迫力もワクワク感もあったと言って過言ではないかも…。






 内容は本当にシンプル。…というか目的はTV版と変わらないから無駄な説明がいらない。キャラも大きな変化はないし、環境も変わらず。だから必要な部分をよりクローズアップして描けるのでしょう。結果として上手くまとまった内容になったのかなと。

 今までTVアニメの劇場版にことごとく裏切られてきた身としては、素晴らしかったの一言です!
 そうだ、本編の前に「3分で分かるこれまでのガルパン」っていうのが。大事な部分はちゃんと押さえていたので、初見でもなんとかなります!






 良いシーンというか、名シーンになるような場面がたくさん!ネタバレにならないように気をつけながら……語ろうかな〜と。

 まず指揮官の西住みほの「パンツァー・フォー」ってセリフ。良いですね〜。
 一番好きだったのはこのシーン。大学選抜チームとの試合の前に起こった仲間の絆。めちゃくちゃ感激しました!良い演出をしますね。(エクスペンダブルズ3並です)

 あとは……あの作戦会議のシーンには笑いました!それぞれの指揮官と高校の個性が上手く現れているなぁ〜って。

 戦車でジェットコースターしたり、観覧車を使ってパロディをやっだり。
 どのシーンも素晴らしかったです!…………あ、一番笑ったのは和菓子屋のオッチャンだわw
 あの巨大戦車、気になりました!

広告を非表示にする