『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】ラブライブ!The School Idol Movie


2015年6月13日
【評価:3.5/5.0】
『みんなで叶える物語』
 

【一言】

μ'sの魅力をギュッと詰め込み、素晴らしいラストで締められていました!キラキラと輝く彼女たちが良かったです!

 

 

目次
 

【STORY】

〈TVシリーズ〉
廃校の危機に瀕した大好きな学校を救うために9人の女子高生がスクールアイドル『μ's』を結成して学校を廃校から救うと決意する。
そして彼女達の夢はいつしかスクールアイドルの祭典「LoveLive!(ラブライブ!)」に出ることに。

 
〈劇場版〉
LoveLive!で優勝をしたμ's。彼女たちにひとつのオファーが舞い込んでくる。解散を決意した彼女たちは再びライブを行うことに。
そしてμ'sの9人か最後に行う最高のライブとは?
 

 
 
 
 

【感想】


 いや〜、公開日に観られて良かったです。まぁ、その分準備はしたんですがね。

 μ'sの魅力をギュッと詰め込んだとても良い構成の映画でした!
 冒頭から各キャラの個性を活かしたシーンとストーリー展開はアイドルアニメならではの個性的なキャラがいてこそだと思います。
 TVシリーズでもそうでしたが、ラブライブ!の見どころの一つが完成度の高いのライブシーンだと思います。今回ももちろん何曲かありましたがいつ見ても綺麗ですね。これはスクリーンで見る価値があるかもしれません。
 1期、2期ともにμ'sについて悩んだ穂乃果ら。今回はその総まとめというか、今までのμ'sについて、これからのμ'sについてを真剣に悩み大きく大切な答えを出します。
 
 

 途中で町中や学校の中で歌を歌いながら駆け回るシーンが何回かあるのですがまるでミュージカルのようでした。こんなにサラッと歌を挿れて進めることができるのはさすがだと思いました。
 そしてライブシーン。TVで見たことのある人は分かると思いますが(YouTubeで探せば出てきます。)流れるように丁寧に描かれたライブは本当に素晴らしいと思います。恐らくCGを使っているんでしょうが本当に綺麗でした。
 TVと違って背景や紙吹雪などがより細かく綺麗に描かれていたと思います。やっぱり大きな画面のほうが迫力も出るし臨場感のようなものも少しだけ伝わってくるような気がしました。それに彼女たちがよりキラキラと輝いていましたよ。
 
 

 アニメ映画としては珍しい?のかポンポンとテンポ良く話が進み、無駄なところに時間をかけずに大切なところにしっかりと重点を置いて作っていたのでたった100分なのにとても長く感じました。
 楽しい生活とライブを送る9人。将来について悩む9人。答えを出して進もうとする9人。そしてラストで待ち受ける大きな喜びに浸る9人。 今までのμ'sがギュッと詰まった作品でした。
 アイドルアニメだからこそ各キャラクタのキャラがしっかりと立っているから分からなくならないし、少しテンポを早めても大丈夫なんですよね。観ている方も共感できますし。
 ファンというか、見ていた人なら納得、共感できるシーンがいつくもあって嬉しかったです!
 最初のシーンの真姫ちゃんの行動には驚きました!
 
 
 

 ちょうど一年前くらいにラブライブ!2期が感動的に終わってラストで劇場版の制作が発表されて、あのラストからからどういうふうに話をつなげるのかと気になっていたらこういうふうにブチ込んできましたね。
 にしても、よくここまで人気が落ちませんでしたね。…というかより人気に火がついていますよね?本当に凄い勢いです。
 
 

 個人的にはアニメで使われた歌を使って欲しかったです。個人的にはどんどんリリースしている新曲よりもTVシリーズでのOP,EDや挿入歌の方が好きなので。
 
 
 
 

 後半がとても良くってここで書きたいんですがそうするとネタバレは回避できないので… ぜひ劇場で!
 本当に後半は良かったです!μ'sの方向性が決まり、今までにない規模のラストで締めくくられますよ!
 
 
 
 とりあえず、来場者特典が貰えたので良かったです。(だってせっかくお金を払って観るんですから。貰えるならねえ。) μ's9人からのメッセージとゲームの交換コードです。ちなみに、自分はSRの絢瀬絵里の交換コードでした。……映画が始まる前に周囲の人同士でコードを交換しているのに驚きました!やっぱり自分の好きなキャラのが欲しいんですね…
 
 
 

HP:
 
 
30分でわかるこれまでのラブライブ!
1期:



2期:

 
広告を非表示にする