メモスト

映画・アニメ・美術展などを中心に感想を書いています!

『映画』や『アニメ』、『読書』や『美術館』などの思い出を残すために始めたブログです。完全に個人用なので読みにくかったらスイマセン!

【螻戊ヲァ莨】『3.5D縺ョ螂ウ縺ョ蟄』:繝代リ繧ス繝九? × 逾樊、ソ縺ョ譁?ュ怜喧縺台ス懷刀縺梧怙鬮假シ

 

2020蟷エ3譛?8譌・險ェ蝠

Panasony™ × KAMITSUBAKI STUDIO
3.5D縺ョ螂ウ縺ョ蟄

Panasony™ × KAMITSUBAKI STUDIO「3.5D縺ョ螂ウ縺ョ蟄」

 
【荳?險?】

Panasony縺輔s縺ョ螻戊ヲァ莨夲シ
繝代Ο繝?ぅ菴懷刀縺梧悽蠖薙↓髱「逋ス縺?シ
「莠コ縺ォ蜈ア譛峨@縺溘¥縺ェ繧」鬲?鴨?
莉雁屓縺ョ「3.5D縺ョ螂ウ縺ョ蟄」
蜻顔衍縺ョ譎らせ縺ァ辷?ャ代□縺代←縲∝?螳ケ繧よ枚蟄怜喧縺代〒邏ー驛ィ縺セ縺ァ縺カ縺」鬟帙s縺ァ縺滂シ
「神椿」縺ィ縺ョ繧ウ繝ゥ繝懊b逶ク諤ァ謚懃セ、?

 
【Twitter140譁?ュ玲─諠ウ】

 

 

 

 

展覧会の概要

 

パナソニー「3.5Dの女の子」

会場の外観

2017年インターネット上に突如出現したグラフィックアーティスト「PANASONY™」。

自身のネーミングのインパクトもさることながら、有名ブランドのロゴや世界中で知られる日本発のキャラクターなどを用い、パロディに昇華した作品がコアなファンから熱狂的な人気を博している。

数多くのセンスの光る作品をインターネット上に展開するグラフィックアーティスト・Panasony™とKAMITSUBAKI STUDIOとのコラボレーション展示「3.5Dの女の子」展をこの度3.5Dで開催します。
展覧会リーフレットより

会場:3.5D (KAMITSUBAKI STUDIO × PARCO)
会期:3月10日~25日(10:00~21:00)
料金:無料
公式Twitter:こちら

 

 

 

 

作品と展覧会の感想

 

 展覧会のテーマが「文字化け」でした。
 なので、このブログでも最初だけちょこっと遊んでみたりしました(笑)

パナソニー「3.5Dの女の子」




 大好きな「パナソニー」さんの個展!
 普段はTwitterで見るしかないので、こうして実際の展覧会場で作品を見ることができて、とても嬉しいです!

 ........とはいっても、基本的にはディスプレイに表示するタイプが多かったので、変わらない部分も多かったんすけどね。
 でも、やっぱり「会場で観る」というのは雰囲気が違って観えるから、好きです!

パナソニー「3.5Dの女の子」

パナソニー「3.5Dの女の子」
パナソニー「3.5Dの女の子」
これ、アスキーアートなんですよ。




 いつも、Twitter観てます!!
 本当に、アイデアが凄いな~って。

 誰にでも分かる製品とかコンテンツの特徴を使って、クスッと笑える作品を生み出し続けているから、いつも楽しませて頂いています!

 パロディ元のコンテンツを見てまず笑えるし、その少し捻った形で作っているところでまた笑えるし! 誰もが知っているモノだから「人に共有したくなる」というのも魅力の1つなのかな~と。




 今回の展覧会「3.5D縺ョ螂ウ縺ョ蟄」

 告知の時点で大笑いでした(笑)
 だって、文字化けした訳わからないツイートだけでお知らせを終わらせるなんて前代未聞じゃないですか(笑)

 パナソニーさん自身は何も語らないから、RTされるツイートで「あぁ、展覧会をやるんだな」とようやく分かるという......。

パナソニー「3.5次元の女の子」

会場で頂いたリーフレット




 展覧会も本当にブッ飛んでました(笑)
 内部は写真撮影禁止なので、言葉で伝えるしかないのが本当に残念です......(泣)

 本当に全部が「文字化け」の状態。
 展覧会の説明に当たる「作家紹介」と「ステートメント」の文章が既に文字化け状態。これには「やられた!」と笑い声を上げそうになりました(笑)

 ふと目を落とせば、「展示品にはお手を触れないでください」や「撮影はご遠慮ください」などの注意書きも文字化けしていて、アイコンで判断するしかない状態(笑)
 さらには、販売しているグッズの説明や内容も文字化けで、値段しか分からないで売られていたり。

 会場内の文字情報は基本的に文字化け。
 ここまで、細かい部分まで徹底的に装飾?するところまで気がつくのが、本当に凄いなぁと思うのです。




 パナソニーさんの「現物」も少し見られた!

 代表作である「イヤホンの女の子」の別バージョン「ヘッドホンの女の子」や、「カセットの女の子」、「2次元のスカートをのぞくシステム」など、現物を見られたのは嬉しかったです!




 展覧会は「KAMITSUBAKI STUDIO」とコラボ。

 私自身は「神椿」について詳しくなく、「花譜」が好きで、「カンザキイオリ」を知っている程度。その他のプロジェクトや作品を少し知っている程度。なので花譜の印象がとても強いです。(神椿の勢いが物凄いですからね......)


花譜 #04 「独白」


 パナソニーさんとのコラボ。
 相性バッチリ!
 神椿のアーティストさんたちってWEB上での活動だから、何というか......空白度が高いというか、自由度が高いというか。ギャラリー名「3.5D」に掛ければ、2次元と3次元の間で、その先はそれこそ未知数。なので、コラボした時にどんな形にも当てはまる柔軟性?適応性?を持っているのかなーなんて。

 

 

 

 

 

作品の紹介

 

 展覧会場の中は写真撮影禁止でした。
 なので、ここから先は、パナソニーさんのツイートを貼りまくりますね。とはいえ、抜粋なので、ぜひご本人のTwitterをご覧ください!

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

 


 

 

 

 今回はこのへんで失礼します。
 感想よりも、埋め込んだTwitterの方が圧倒的に多くなってしまっていますね......どうかお許しくだされば嬉しいです。

 本当に、面白い、笑える作品が沢山で大好きです!!!



 おまけの、渋谷スクランブル交差点の写真。
 スマホで撮ったけど、なかなか上手く撮れた気がするので、せっかくなので掲載しちゃいます(笑)

渋谷:スクランブル交差点の写真

なかなか良く撮れてますでしょ?

 

 

最後まで読んでくださり、
本当にありがとうございました!