『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】傷物語 I 鉄血篇

2016年1月8日
評価 3.7/5.0】
 
【一言】

シャフト全開。
違和感、恐怖、そして癒し。
これが阿良々木暦の始まりか…。

 
『すべての〈物語〉は、ここから始まる―』

 

 
 

【STORY】

  全ての〈物語〉シリーズの前日譚。


  『傷物語』3部作の1作目。


 春休み、阿良々木暦羽川翼から一人の吸血鬼の噂を聞く。
 その夜、彼は出逢う。伝説の吸血鬼であり、"怪異の王"キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードに。
 血まみれで倒れていた彼女は暦に助けを懇願し…暦は…。
 
 まばゆいほどに美しく。
 血も凍るほどに恐ろしく。
 四肢を失い、痛々しくも無残な伝説の吸血鬼。
 阿良々木暦の地獄の春休みの幕開け―。
 
 

 

 

【詳細】

監督:新房昭之
制作:シャフト
原作:西尾維新傷物語
上映時間:60分
日本公開:2016年1月8日



【感想】


 まず、原作を読んでおらず、“何でもは知らない”私が書いているということをご承知の上で。
 
 去年の電撃的な映画公開発表からはや公開。
 いや〜でも、ここまでが長かったです…。

 楽しみにしていた今作。たった60分って短いと思っていたんですが結構長い(内容と描写が…)
 
 まず超ショッキング。最初のシーン、そして駅地下でのシーン。
 あれは地上波放送は無理ですね…。スクリーンの大迫力…ぐはぁッ!

 やっぱりシャフシャフしてましたね(笑)
 シャフトらしい描写で楽しませてもらいました!
 このアートチックな作品、作風、好きですね。
 
 まだ今回は序章ですね。2作目『熱血篇』からバトルシーンもあるという事で楽しみです!





 去年はまさに“西尾Year”。とくに後半は。
 「終物語」に「掟上今日子の備忘録」そして………『傷物語』の公開発表!
 
 なにせ制作発表が2010年。そこからやっと公開。長かったですねぇ〜。
 でも「化物語」の冒頭で傷物語のシーンがあったりするわけですから意外と水面下で着々とプロジェクトが進行していたのかも……だったら流出しないって凄い!
 
 さらに「終物語」の後に公開というのは悪くない流れかもしれませんね。
 怪異ハンターの一人は「終物語」にも出てきましたし。


 
 

 でもこの作品、いつも通り(化物語とか)だと思っているとその裏切りが凄いですよ。
 いや、自分はそれが良かったですけどね。
 とりあえずショッキングなシーンが2つ。

 原作を読んている方ならもう想像出来ますよね。

 このポスターを見て気が付きますか?この違和感に。
 ※思いっきりネタバレを書くので続きは一番下に。

 
 

 シャフトらしさ全開、そしてアートチックな今作。
 やっぱり“シャフト”好きです!
 まず驚きの背景。「えっ?これって実写?写真?」っていうくらいリアル。というかリアル過ぎてむしろ違和感が。まぁ、これもシャフトの考えなんでしょうが。
 だってあの海面、地下ホーム、学習塾…。いや本当に実写ですよ(笑)
 そしていつも通りお遊びも。
 顔が変わったり。あの自動車事故は笑いましたね〜。



 

 それにしてもここまで動かないアニメってあります?
 登場人物よりも背景や場面転換、風景のほうが動いているとか(笑)
 
 一方で暦が走るシーン。これはもう線も輪郭もグチャグチャになって必死に走る。これはスピード感が凄かったですよ!
 
 そして、スタッフクレジットを見て驚き。
 なにせキャストが4人。
 ここまでキャストが少ないアニメなんてありますか?




 羽川翼とのシーン、名シーンでした!

 暦と翼。出会いはこうだったんですか。
 このシーンは本当に面白かったです!
 
 そしてキスショット。冷徹ゆえかあの美しさ。あんな体になってもその威厳は保たれたまま。
 
また、幼児化(?)したキスショットのあの可愛さ。なでなでしてもらう時の表情…♡
暦、化物語〜とは全く違いますね。
 まだあんなに格好良くないというか…。
 助けを求められたあとの行動は予想外でした。まぁ、誰でもそうなりますよね。



 

 今回、ちゃんと来場者特典をGETしました!
 特典は『混物語』。
 西尾維新作品のキャラクター、作品が混ざる書き下ろしの短編。
 第一週は『第忘話 きょうこバランス』。物語シリーズ×忘却探偵シリーズということで探偵の掟上今日子さんが登場!
 パンフレットはたった60分映画なのに¥1000。迷ったんですが…表紙が気に入ったので購入!
 これで3部作分揃えなくちゃいけませんね(笑)
 あとは、「傷物語」と原作を買おうかどうか…。(特装版or通常版…?)



 
小説の感想です(ネタバレあり)


 

以下ネタバレあり
 
 

 さぁ、ネタバレをバンバン混ぜ込みながら感想を!
 
 まず阿良々木くんが燃えるシーン。
 初っ端からこのシーンとか驚き以外の何者でもない!しかもただ燃えるんじゃなくてなんというか……怖い!
 そして今作の目玉シーン。
 地下ホームで暦がキスショットに出逢うシーン。…………ヤバいです。
 ここは描写も、恐怖も最高!
 特に四肢(両腕、両脚)を斬られたキスショットの描写が…。これはもうホラー。
 しかもそのキスショットが喚いて、転げ回って、追いかけてくるシーン。怖い怖い怖い。


 
広告を非表示にする