メモスト

映画・アニメ・美術展などを中心に感想を書いています!

『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

アニメ映画『劇場場ポケットモンスター みんなの物語』感想───ポケモンの数だけ物語がある!!


※ネタバレなし。
※画像は予告映像のキャプチャです。

2018年7月18日鑑賞

劇場版ポケットモンスター みんなの物語

 

 

【評価:3.2/5.0】


【一言】

“伝説のポケモン”や“バトル”に注力するのでなく、「人とポケモンの関係」が描かれているのは、良いなぁ〜と。

題名通り、“皆んなの物語”がしっかりと、焦点当てて描かれていたのは良かったし、少年少女だけでなく、“大人”の成長が描かれていた点も良かったです!

 


【Twitter140文字感想】

 

 

続きを読む

【映画】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』感想&あらすじ───襲う恐竜のスリル!迫る溶岩の恐怖!

※ネタバレなし。
※画像は予告映像のキャプチャです。

2018年7月13日鑑賞 

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(原題:Jurassic World: Fallen Kingdom

 

 

【評価:3.8/5.0】

 


【一言】

迫る溶岩、襲いくる恐竜!
恐怖とスリルの迫力が最強!
映像の見せ方が素晴らしいし、娯楽と警告含んだ物語はやっぱり面白い!

 


【Twitter140文字感想】

 

続きを読む

【映画】『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』感想&ネタバレあらすじ───男性至上主義のブタvsモジャ脚のフェミニスト

※ネタバレなし。
※画像は予告映像のキャプチャです。

2018年7月06日鑑賞

バトル・オブ・ザ・セクシーズ
(原題:Battle of the Sexes

 

【評価:3.1/5.0】

 
【一言】

結論までがとても長く感じて、物語は好きだけど、内容が嫌いな作品。

結末が気になるテニス試合の緊張が最高!

エマ・ストーンが凄すぎる……。

 
【Twitter140文字感想】

 

続きを読む

【アニメ総括】2018年春クール視聴アニメ31作品の総まとめ & 感想

2018年春アニメの総まとめです!
春クールの視聴作品は全部で31作品。

一番面白かったのは『多田くんは恋をしない』でした!!
ただ、なかなか「超面白い!!」という作品は少なかったです......。

 

春アニメ全体概要

 

ランキング&視聴作品

 2018年春クールの視聴作品は全部で31作品。
 各部門のランキング概要と、視聴作品を挙げておきます。
※「▼」をクリックで各感想にジャンプします。

作品部門
1位:多田くんは恋をしない
2位:メガロボクス
3位:あまんちゅ!~あどばんす~
4位:ウマ娘 プリティーダービー
5位:銀河英雄伝説 Die Neue These
6位:3D彼女 リアルガール

 

キャラクター部門

[ 女性 ]
1位:テレサワーグナー(多田恋)
2位:スペシャルウィークウマ娘
3位:甘粕ひそねひそまそ


[ 男性 ]
1位:ジョーメガロボクス
2位:鶴見中将ゴールデンカムイ
3位:ヤン・ウェンリー(銀英伝DNT)

続きを読む

【映画】『ワンダー 君は太陽』感想 : 強くて明るい物語に、涙腺崩壊。

映画『ワンダー 君は太陽』の感想&ネタバレあらすじです。
※ネタバレなし。
※画像は予告映像のキャプチャです。

2018年6月29日鑑賞

ワンダー 君は太陽
(原題:Wonder

 

 

【評価:4.9/5.0】

 
【一言】

涙腺崩壊、いっぱい泣いた。
多分、このお話は出来過ぎた話し。
それでも、優しさ……というより「強さ」でいっぱいで、共感と感動がとても良かった。


【Twitter140文字感想】

 

 

続きを読む

【アニメ展】『TVアニメ『ヤマノススメ』展Vol.1 @ACG_Labo』感想&レポート

2018年5月20日訪問


【一言】

第一印象は「とにかく狭い!」ということ。
展示されていました『ヤマノススメ』関連の品々も少なかった印象でちょっと残念。

でも、可愛い姿が見られたし、3期への期待も高まった!!

 


【Twitter140文字感想】

 

続きを読む

【展示】『HN【悪・魔的】コレクション~evil devil~』感想&レポート───鮮烈な戦慄と、崇拝に似た興奮!

2018.6.15訪問

 


【一言】

連続殺人犯《シリアルキラー》の手による絵や自画像、怪奇で恐怖な映画等の資料などを展示。
残虐な犯罪と凶悪な人物像には、鮮烈な戦慄を抱くと同時に、どこか快感や崇拝に似た興奮を覚える。
展示品の背後には“物語”があるから、惹きつけられる。

 

 

続きを読む