『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】ブラックス・キャンダル


2016年1月21日
【評価:3.1/5.0】
 
【一言】
ジョニデの怪演が素晴らしい!
一方で映画としては“う〜ん”感が否めなかったです。
 
 
『暴かれる! FBI史上最も黒い闇。』
(原題:Black Mass)
 

 

目次

 

 

【STORY】

アメリカ、ボストン南部で育った3人の男。
 「ウィンター・ヒル・ギャング」のボス、ホワイティ・バルジャー。
 マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリー。
 州議会議員のウィリアム・バルジャー。

 
犯 罪組織撲滅を目指すFBIのコノリーはホワイティに犯罪行為に目をつぶる代わりに情報提供を提供するという協定を秘密裏に結ぶ。
 一方、ホワイティは自らの組織の邪魔となる敵組織の情報を流すことで支配を拡大していった。
 
 全米を震撼させたFBI史上最悪の汚職事件。
 
 
 

【詳細】

監督:スコット・クーパー
主題歌:Yelawolf「Till It’s Gone」
上映時間:122分
日本公開:2016年1月30日
原作:『Black Mass: The True Story of an Unholy Alliance Between the FBI and the Irish Mob』

HP:
 
 
 
 

【感想】


 今回も試写会にてお先に鑑賞です。なので、ネタバレは無しで感想を書いていきます。
 
 俳優が豪華ですね〜。
 デップは今回薄毛のギャング役、カンバーバッチは政治家、エドガートンはFBI。
 それぞれかなりハマり役です!
 とにかくジョニデの演技が素晴らしすぎました! 
 
 アメリカで実際に起きた汚職事件。
 それを描いたということなのでしょうがないかもしれませんが「淡々」と語られているというか、少し面白みに欠けるというか…。
 映画としてはもう少し面白みや、エンターテインメント性を加えても良かったのかなぁと。
 ドキュメンタリーとしても若干難しかったというか、全体の構図が掴みにくいというか。
 
 
 
 

 まず何よりも、『ジョニー・デップの怪演』が素晴らしい!
 今までのジョニデの(若干ふざけたような)キャラクターからは全く想像も出来ない、彼であるということすら忘れてしまう火土の名演技。

 ジョニデは毎回全然違う役を演じながら最高の演技を見せてくれるから好きです!
とにかく怖い!
 暴力とか犯罪による“怖さ”なんじゃなくて、“不気味さ”とか“微笑”、“低くてしゃがれた声”、“ギラッと輝く目”など演技の細かい、小さな部分があの怖さを醸し出していたと思います。
 
 
 
 
 

 他のキャストも豪華ですね。

 ベネディクト・カンバーバッチは政治家。確かにピッタリですよ。あの頭の良さそうなルックスにはハマり役。
 エドガートンは正義との間で揺れる自分、そして泥沼にズブズブと足を踏み入れてしまうという演技を見事に演じていました。
 
 他には「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソン、「JFK」のケヴィン・ベーコンなど…。
 
 
 
 

 映画という点で評価するとなると、自分の中での点数は下げざるを得ないかな…と思います。
 あの点数はジョニデが支えていると言っても過言では無いです。
 
 まずエンターテインメント性に欠けていると思いました。
 もちろん、事実を描く上では必要のないものでしょうけど映画にする上ではある程度必要なのかなと。
 
 1月に「ブリッジ・オブ・スパイ」、「ザ・ウォーク」、「ブラック・スキャンダル(本作)」と事実を基にした映画を3本たて続けに観ましたが明らかに本作は(悪い意味で)別物でした。

 前の2つも実話の上、とても大きな話という訳でもないのに最高の映画でした。
一方で今回は米においても歴史的な事件なはずなのに「最高」という程の出来ではなかったと思います。
 ただ、注意しなくてはいけないのは、これは実話に基づくので本当は脚本などに文句をつけるのはよろしくないんでしょうけど…。 
 
 
 
 

 ただ、ホワイティが段々と凶悪に、強大になっていく過程がとても自然で良かったです!
 
 それから意外というか、当たり前なのかもしれませんがホワイティの別の顔というか父としての顔とかってやっぱり一面だけじゃないんだなと。
 
 こういうのを見るとニュースだけでは知れない部分が知れるのが良いですよね。
 
 
 
 

 ドキュメンタリー、実話物語としてももう少し改善点があるような。
 まず、全体像が把握しにくかったです。

 3人の主人公に視点を合わせすぎていて全体の大きな構図があやふやになってしまっているような気がしました。

 そもそも、この話のバックグラウンドについての説明が薄かったのでその後の理解にも少し苦しむことになったのかもしれません。
 また、知っていれば全く問題ないんですが所々に難しい単語や英略語などが出てきますし。
 「IRA」とかってわかりますか?
 
 
 
 

 それから、実話を基にした映画だともうお決まりなんですか、後日談や各人物たちのその後の出来事などの紹介がラストに。
 これには結構驚きました!
 
 
 
 

 この映画、台詞に「Fuck」(汚い言葉でスイマセン)って何回出てきたんでしょう?(笑)
 相当言ってましたよ(笑)
 自分は嫌いじゃ無いですけどね。字幕版で観るのでむしろリアルさ(?)が増して。
 
 
 
 

エンドロールがかなりクールでしたね!!

 
 
 

【関連リンク】

 
主題歌MV(Yelawolf「Till It’s Gone」)

youtu.be

特別映像

youtu.be

 
広告を非表示にする