メモスト

映画・アニメ・美術展などを中心に感想を書いています!

『映画』や『アニメ』、『読書』や『美術館』などの思い出を残すために始めたブログです。完全に個人用なので読みにくかったらスイマセン!

【展覧会】『色づく』×『凪あす』コラボ展:繊細で淡い美しさと無垢な可愛さを湛え、”感動”が鮮やかに蘇る!

2019年7月21日訪問

凪のあすから』×『色づく世界の明日から』
コラボ展

f:id:ara-meosto:20190724193940j:plain

 


【一言】

素晴らしくて素敵な展覧会に「感謝」しかない!

アニメの情景が胸に浮かび、ため息が出るほど美しい背景に心が揺れて、キャラクターは抱きしめたくなるほど愛おしい!

身体の底から「感動」が湧き上がって来ました!

 
【Twitter140文字感想】

 

 

 

 

概要&作品紹介


 

展覧会の説明

篠原俊哉監督とP.A.WORKS制作による『色づく世界の明日から』と『凪のあすから』がコラボレーションした展示イベントを開催いたします。
制作にまつわる貴重な資料や、フォトスポットなど、2つの作品の魅力に迫る展示のほかオリジナルグッズの販売も実施します。
有楽町マルイ

会場:有楽町マルイ
会期:2019年7月12日~7月29日
料金:無料
公式サイト:こちら

 

 

 

作品の紹介

 

色づく世界の明日から

少女はむかし、自分に魔法をかけた。
“わたしは幸せに なってはいけない”

物語の始まりは数十年後。
日常の中に小さな魔法が残るちょっと不思議な世界。
主人公の月白瞳美は17歳。魔法使い一族の末裔。
幼い頃に色覚を失い、感情の乏しい子になった。
そんな瞳美の将来を憂えた大魔法使いの祖母・月白琥珀は魔法で瞳美を2018年へ送り出す。
突然、見知らぬ場所に現れ戸惑う瞳美の視界に鮮烈な色彩が飛び込んでくる……。
展覧会パネル/公式サイト

PV動画

シリーズ構成:柿原優子
キャラ原案:フライ
総作画監督:秋山有希
美術監督:鈴木くるみ
撮影監督:並木智 / 富田喜允
色彩設計:中野尚美
放送期間:2018年10月~12月 (全13話)
公式サイト

 

 

凪のあすから

 

海で暮らす人、陸で暮らす人、
住む場所が分かれ、考え方は相容れずとも、
元は同じ人間同士、わずかながらも交流は続き時は流れた。

海底にある海村で暮らす
先島光、向井戸まなか、比良平ちさき、伊佐木要と
地上に暮らす木原紡。

海と陸。
中学二年生という同じ年代を過ごしながら
今まで出会うことのなかった彼らが出会った時、
潮の満ち引きのように彼らの心も揺れ動く。

ちょっと不思議な世界で繰り広げられる
少年少女たちの青の御伽話(ファンタジー


展覧会パネル/公式サイト

PV動画

原作:Project-118
シリーズ構成:岡田麿里
キャラ原案:ブリキ
キャラデザ/総作監石井百合子
美術監督東地和生
撮影監督:梶尾幸代
色彩設計:菅原美佳
放送期間:2013年10月~2014年4月 (全26話)
公式サイト

 

 

 

 

 

展覧会の感想

 

P.A.WORKSの制作したTVアニメ凪のあすから』と『色づく世界の明日から』のコラボ展覧会に行ってきました!

全てが最高で素晴らしくて、何も言えないくらい感情が昂ぶりました!
 多分、今回は大した感想も書けずに自己満足的に終わりそうです。多分、この気持ちを言語化するのは絶対に無理です。




もう、「感動」という言葉でしか表現できないです。
本当に、この良質なコンテンツで心が満たされたような感覚と、豊かな幸せに包まれるような感情はいつぶりでしょうか、胸がいっぱいです。

 アニメの感動が鮮やかに蘇ってきました。
『凪あす』のように水中に漂う青い色に包まれるような、『色づく』のように目の前の風景が一気に鮮やかに染まるような、そんな《感動の波》が何度も寄せては返しました。

そして、2つの「恋愛」を描いた作品の中に溢れた、沢山の感情に飲み込まれるような感覚というか、台詞や心情が浮かび上がってくるような、そんな気持ちになりました。




 どの展示資料を観てもそう。

 監督のコメントに共鳴して、あらすじ紹介ですら「あぁ…」と嗚咽をあげそうに。カラフルな台本に印字された各話題名を見て目頭が熱くなり、原画の綺麗なキャラと彼女たちの表情を眺めると鼻の奥がツンとして。美しい背景美術にはため息がでるし、場面カットからは情景が頭の中を回想します。

 絵コンテや原画に書かれたスタッフさん方の細かい指示や、いかにキャラクターを美しく可愛く見せるかのポイント、そういう小さなところから沢山の「愛情」を感じました!




 資料が貴重なものばかり。

 特に『凪のあすから』はキービジュアルや版権イラスト、◯周年記念イラスト等のラフ画や下書きが展示してありました。
 第1期の初期キービジュアルからそうですが、あの彩色された完成版の美しいイラストも見事ながら、鉛筆の黒と指示の言葉だけで構成された版も好きだなって!




 それから、『凪のあす』の向井戸まなかが可愛すぎる!
 彼女の全てが本当に可愛くて美しくて、言葉になりません!

あの抱きしめたくなるような可愛さ!
 彼女の小さな身体の中に抱えた感情の大きさを思い出して、数度目の感動の波が襲ってきました。彼女を描いた原画やイラストはどれも魅力タップリで、喜怒哀楽、どの感情のまなかでも本当に可愛いです!

 でももちろん、彼女には笑っていて欲しいし、笑顔が何にも代えがたいくらい大切で可愛いです!




 2作品と主人公。
・『凪あす』の、向井戸まなか
・『色づく』の、月白瞳美


 監督自身も最初の挨拶で書いていましたが、共通点はほぼ無いと思います。でも今回の展覧会を見ていて、なんだか2人とも「花」みたいだなって思いました。

まなかはポッと小さな花びらをつけて見る人を笑顔にする青い「ネモフィラみたいで、瞳美は物静かに美しさを湛える白い「ユリ」みたい。

 私に花の知識があれば、もっと綺麗な例えを思いつくんでしょうけどね……。でも「ネモフィラ」の英語名って「Baby blue eyes」なんですって! まさに、まなかのことですよ!




 会場内を観ているとき、ずっと主題歌が頭に流れていました。

やなぎなぎさんの「アクアテラリウム」と「未明の君と薄明の魔法」の2曲は、それぞれ『凪あす』と『色づく』のED、そしてもう1曲はハルカトミユキさんの「17才」で『色づく』のOPです。

 好きな作品の、いい展覧会は自然と頭の中に好きな主題歌が流れてくるんですよね。この感覚の気持ちよさは凄いです!
 どの曲も静けさが耳心地よくて、大好きな楽曲です! この感想ブログも、3曲をループ再生しながら書いています!

やなぎなぎアクアテラリウム

やなぎなぎ「未明の君と薄明の魔法」

ハルカトミユキ「17才」




 石井百合子さんと東地和生さん。
 それぞれ『凪あす』のキャラクターデザイン&総作監美術監督として参加された方です。お二人のお仕事が観られたのが嬉しかったです!

 東地さんは、『凪あす』に限らずP.A.作品でとにかく美しい背景を手掛けられていて、それを言葉にしてくれて、大好きな方です!

 また石井さんも同じくP.A.作品に参加され、可愛さが果てしないキャラデザが大好きです! 個人的な話をすると、画集を買わせていただいて、さらにサインまで頂きました!

 原画では、お二人のやり取りが直筆で見られて興奮しました!




とにかく素晴らしい展示で、「感謝」しかありません!

 

 

 

 

 

展示の紹介


 

 展示されていた資料の紹介です!

 全て写真撮影OKだったので、ここではバンバンその写真を掲載していきます! 確認したら300枚超を撮っていて、ここに掲載するのも270枚程度になりそうです(笑)

 ただ、写真じゃ伝わらない!
 スマホ撮影だし、会場の照明がオレンジ色だったので、上手く「青い色」が映っていないです。(一応全て手動で調整はしましたが......)

 

 

エントランス

 

 入り口前後で展示されていたモノです。

 まずは、『色づく』の主人公・瞳美と琥珀のスタンディング・パネルです!


 それから、お祝いのお花。



 最後は、監督のコメントでした。

本日は「色づく」×「凪あす」展へお越しいただきありがとうございます。
「長く心に残るもの」を目指して制作した両作品ですが、世界設定に共通項はなく、まさかのコラボ! 強いて挙げるなら、底流たる精神的土壌でしょうか。他者の尊厳を傷つけることでしか己の尊厳を守れない声がより大きく強く聞こえてくる昨今、それに反する不器用なキャラクターたちの奮闘に魅力を感じ、共感して下さった方も少なからずいらしたのでしょう。こちらの予想をはるかに越えた支持をいただいたことに、とても勇気づけられる思いです。
オンエアから時間が経過したにも関わらず、このような催しを実現可能にしたファンの皆様の熱意に、この場を借りて深く感謝いたします。

 

 

 

キャラクター

 

 キャラクターの紹介です!
 やっぱり、『凪のあす』のまなかは表情が豊かで、しかも可愛くて、最高です!

 

色づく世界の明日から

 

 

 

 

 

凪のあすから

 

 

 

 

 

 

 

原画&版権ラフ

 

 上でも書きましたが、『色づく』はアニメの原画が、『凪あす』はキービジュアルや版権イラストの下書きや原画が展示されていました!

 

 

色づく世界の明日から

 

 

 

 

 

 

 

凪のあすから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凪のあすから

 

 

 

 

美術コーナー

 

 背景美術と、あとはアニメの場面写が混ざった感じで展示されていました。

 

 

色づく世界の明日から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凪のあすから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台詞と言葉

 

 どういう基準で選んだのかは分かりませんが、アニメ本編での台詞がピックアップされて、パネル印刷で展示され、また音声が再生されていました。

 個人的には、ここに展示された台詞よりも、もっと素晴らしい台詞や言葉って沢山あったと思うのですがね......。

 

 

色づく世界の明日から

 

 

 

凪のあすから

 

 

 

 

立ち読みコーナー

 

 東地和生さんの美術作品集や、『色づく』の劇中に登場する絵本「なないろのペンギン」とかがありました。この絵本が視界に入ったときは叫びそうになりました!

 

 

 

 

 

 

 

東地生和美術監督作品

 

 2017年に行われた、東地和生さんの作品展にて展示された作品やお仕事から、『凪あす』関連のイラストが展示されていました!

 2017年の展示には行けなかったので、こうして見ることができて本当に嬉しいです!

作品展:Earth Colors 東地和生美術監督作品展
会 場:3331 Arts Chiyoda
会 期:2017年3月17日~3月28日

美術監督東地和生が手がけたアニメーション作品「凪のあすから」を始め「Angel Beats!」「花咲くいろは」「TARI TARI」「劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME」「Charlotte」の美術パネルの展示が行われました

公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の展示

 

台本

 「台本」!
 本当にカラフルで綺麗で最高でした! 各話のタイトルを見るだけで感動と涙がこみ上げてきそうでした......!!

 

 

 

絵コンテ

 『凪あす』の1, 5, 18話と『色づく』の1, 6, 13話の絵コンテがそれぞれ展示され、手にとって眺めてOK!

 

 

 

 

 

 

コメントボード

 普通の展覧会同様、コメントボードがあり、ぎっしり!

 

 

 

ヒロイン2人のパネル

 出口には、主役のまなかと瞳美のスタンディング・パネル。

 

 

 

 

謎解きゲーム

 あと、有楽町マルイの店舗内を会場にした謎解きゲームも実施していました!

 

 

 


 

 

 

 展示内容の紹介は以上です!
 本当に素晴らしい展覧会で、何度も書いたように「感動」しました!
 以下、関連の内容です。

 まず、『凪のあすから』でキャラデザと総作監を手掛けられた石井百合子さんの画集を購入させていただいたのですが、まさか直筆サインのポストカードプレゼントに当選しました!! 本当に嬉しかったです!

f:id:ara-meosto:20190624132449j:plain

 

 

 最後まで読んでくださり、
 本当にありがとうございました!!