メモスト

映画・アニメ・美術展などを中心に感想を書いています!

『映画』や『アニメ』、『読書』や『美術館』などの思い出を残すために始めたブログです。完全に個人用なので読みにくかったらスイマセン!

【アニメ映画】『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』:純粋な可愛さと、“声”の美しさ!

※ネタバレなし。
※画像は予告映像のキャプチャです。

2018年10月12日鑑賞

Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow

 

 

【評価:2.6/5.0】

 
【一言】

良くも悪くも、『OVAらしい』60分。
純粋に可愛いし、単純な物語で面白かった。
高橋李依さんと水瀬いのりさんの「声」を劇場音響で聴けるだけで大満足!

 
【Twitter140文字感想】

 

 


 

 

目次&ストーリー&メモを表示

 

【目次】

 

 

ストーリー

 

呪いの元凶である魔獣ウルガルムを打ち倒し、アーラム村の子供たちを救ったスバルたち。
やっと訪れた平穏も束の間、スバルは誰にも知られてはならない、とある極秘ミッションに挑んでいた。
しかし変装していたにも関わらず、すぐにペトラを始め、村の子供たちに正体がバレてしまうスバル。
開始5秒でバレてしまったミッションとは、エミリアとのデートコースの下見で……。

予告動画

 

 


 

 

作品データメモ

監督:渡邊政治
制作:WHITE FOX
原作:長月達平
主題歌:Aimer「花の唄」
キャスト:小林裕介,高橋李依 and more.
上映時間:68分
日本公開:2018年10月6日
配給:角川アニメーション
公式サイト

 

 

 


 

 

 

感想

 

感想外観

 

 正直な話、観る予定は全くなかったのですが、色々とあって観てきました。
 まさに「The OVA」って感じでしたが、面白かったです!




 一番良かったのは、「声優」さん!
 メインヒロイン演じたエミリア役の高橋李依さんと、レム役の水瀬いのりさん。

 2人の超透明な「声」を、映画館の大音響で聴けたのは本当に良かった!
 自宅TVでは決して味わえない、「声に酔いしれる感覚」がひしと伝わってきました!



 良くも悪くも『OVA』(良かった編)。
 良かった点は、OVAという事で「楽しい日々」と「可愛さ」を存分に物語の中で描いていた点です!

 『Memory Snow』って題名から幸せ感匂ってきますけど、内容も素晴らしいほどに幸福感に満ちていました!




 良くも悪くも『OVA』(悪かった編)。
 悪かった点に関しては完全に個人的な捉え方ですが……「観に行く必要なかったかな?」という事ですかね。
 やっぱり、物語自体が本編と繋がってる訳ではないし、むしろ本編で絶望のドン底に突き落とされながら、OVAで幸せエピソードとなると…。



 あと書くことは決まってますね。
 ヒロインたちが最強に可愛かったです!

 この可愛さはTVアニメ版とほとんど変わってませんが、60分に彼女たちの魅力──台詞も容姿も行動も全て詰め込んでくるので、何倍にも魅力を堪能出来ます!

 あとは、最初に書いたとおり、「声」を良い音で聞くと、キャラもより良くなりますね!




 そうだ、渋谷マルイで期間限定ショップが開かれていて、立体パネルが展示されていました!

 

 

 

 

 

劇場で聴く「声優」さん

 

 映画館の音響で聴く声優さんの「声」がとっても良かったです!
 具体的には、エミリア演じた高橋李依さんと、レム役の水瀬いのりさんです!



 2人とも「声」が透明感ある清流のような美しさで、耳を抜けていくそよ風のような綺麗さがあります!
 劇場の高い音響システムで、大音量で聴く彼女たちの「声」は、普段のTVで聴くよりも数百倍も綺麗に聞こえました!



 特に、高橋李依さんの声はヤバかった…。
 本編始まって第一声を聴いたときの「うぉ…すげぇ…」な感覚は久々に感じたものでした!
 これは、本当に「声」だけでも映画館で観て良かったと思いました!

 高橋李依さんが演じられた『からかい上手の高木さん』のヒロイン高木さんの歌うカバーソングです!
「小さな恋のうた」

「気まぐれロマンティック」

 

 

 

 

 

OVA:良かった点

 

 OVAで描かれるのは「スペシャル物語」というか、「ご褒美エピソード」がほとんどですから、それを楽しく見れるのが良い点です!

 60分の中に、アニメ本編では描けないような「幸せ一杯の時間」をたっぷり描いて、キャラクターたちの「可愛さ」をこれでもかと振り掛けて。

 見ているだけでハッピーになれるのが、とっても良かったです!



 私自身、見ていて笑ったり、ニヤニヤしたり、可愛さに悶え死にそうになったりと、十二分に楽しみました!



 また、物語部分はネタバレになるのでに書けなくとも、『Memory Snow』という題名が既に、“素敵そうな物語”の雰囲気をぷんぷん放ってます!

 

 

 

 

OVA:悪かった点

 

 劇場公開のOVAではどの作品でもぶち当たるのが、「果たして映画館で金払って観るものか?」という問題です。
 もちろん、市販のDVD等でのOVAもお金掛かりますけど、私は買わないし見ないし、ってかレンタルを辛抱強く待つ派なので(笑)



 で、今回の『リゼロ MS』。
 個人的には「映画館で観る必要はない」と思いました。

 物語は上手く出来ているし、キャラの動かし方や描き方もとっても良かったです。でも、わざわざ観る必要はないな〜と。(劇場鑑賞にせよDVDレンタルにせよ)

 もちろん、上に挙げた「声が良かった」というのはありますが、あれはあくまで付加価値というか、結果的に「一番良かった」という偶然の発見ですから。



 この物語を観ないと本編が分からなくなる訳でもないし、むしろ本編で暗く重い内容を描かれた後、こうして幸福エピソードだけというのも……。

 個人的に、『リゼロ』は面白かったですが、信奉者とかのレベルではなく、「良い作品の1つ」程度の認識なので、「わざわざOVAも…」という気分になったのは事実です。
 第二弾OVAが制作されるそうですね。

 

 

 

 

 

ヒロインが超絶に可愛い!

 

 これを書かない訳にはいきませんね!
 エミリア、レム、ラム、ベアトリス。
 みんな本当に可愛かった!




 短い60分程度に「可愛さ要素」を全て詰め込んでくるし、OVAの性質的にキャラが死んだりって展開はありえないですからね。

 ただひたすらに、可愛い様子が描かれています!



 そして、その描き方も良きかな!
 なんと言うか……当然ですが、“魅力”の描き方を分かってますよね。

 言葉選び、行動、表情とか一つひとつが可愛い! しかも視聴者が気になるシチュエーションをしっかり挿入してくるから尚更GOOD!




 TVアニメ見てた時はエミリアが可愛いと思ってたけど、今回の映画に限り、「可愛さ」に限れば、レムが一番でした!
 いやぁ〜、彼女本当に可愛い!

 

 

 


 

 

 

以降、映画本編のネタバレあり

 

 

 

 


 

 

 

ネタバレあらすじ&感想

 

序盤

 

 デフォルメされたキャラ達によるマナー講習。
 エミリアは「上映中の携帯電話使用禁止」を注意するも、彼女はケータイを知らない模様。



 OVA物語の時系列を説明。
 魔獣ウルガルムを倒したスバルが、エミリアとのデートを前に、村でコースの下見をしている途中、彼は子供たちに連れられて、綺麗な花畑に案内されるのだった。



 一方、王都では王選を控えるという重要な時期にある中、ロズワール邸では奇妙な事が起こり始めていた。



 タイトルバック。

 

 

 

 

前半

 

 翌日、目を覚ましたスバルは気温が急激に下がっている事に気がついた。まだ「寒くなった」程度で我慢できる寒さだったものの、ラムは布団の中に籠もっているという。

 スバルはラムを起こすと、部屋の掃除を始める。
 そこで、床下にあった収納から沢山の「お酒」を見つけた2人だった。



 その翌日、遂にエミリアとのデートの日。
 しかし寒さは収まるどころかより一層厳しいものになっており、デートは延期に。



 そのまた翌日。
 生死に関わるレベルにまで冷え込んだ館内で、さすがにスバルは我慢の限界を超え、調査に乗り出そうとする。

 そこに、主であるロズワールが現れ、この原因がエミリアに関わっていると仄めかす。
 エミリアの自室に駆け込んだスバルは、パックから強烈な冷気が放出され、それが原因だったと知る。



 エミリアはスバルに隠していたが、パックの溜まり過ぎたマナを放出する為の「ハツマキ」という対処法で、年に2回ほど訪れるという。

 そして、屋敷の外に迷惑がかからないよう、ベアトリスが結界を張っているということだった。

 

 

 

 

中盤

 

 寒さに凍えるスバルは、屋敷の外に出ようと提案するも、運悪く土砂降りの大雨。
 風呂で温まろうとするも、レムがマヨネーズを作った上に、カチコチに凍っていた。



 仕方なく、暖炉で温まる屋敷の一行。



 そんな時、スバルは思いつく。
 「雨は、雪に変わる──」
 そしてスバルの頭には、この寒さを楽しく解決する妙案が浮かぶのだった。

 

 

 

 

後半

 

 スバルが考えたのは、「パックの冷気で雨を冷やして幸にし、地元北海道と同じ雪まつりを開く」というものだった。
 題して、『チキチキ ロズワール邸雪まつり



 村人も大勢参加し、子供たちのテンション上がる中、スバルはマイクを握り『ウルトラクイズ』のノリで概要を説明。
 一人ひとりが雪像を作り、その出来栄えを評価、優勝者には豪華景品が用意されているとの事だった。



 スバルは、ペトラの作った「雪うさぎ」を改造し、「メカうさぎ」に作り変えてしまう。

 誰もが張り切って作る中、スバルは家の中に籠もっていたベアトリスも呼び、皆んなで雪像をつくる。



 レムとラムの合作は、2人の愛する人を合わせたロズワールとスバルの掛け合わせ雪像だった。
 審査員のスバルとロズワールは共に5点、4点と低い点数を付けるのだった。



 雪まつりが終幕。
 1位はロズワールと村長がべた褒めしたペトラの「雪うさぎ」だったが、スバルはノーコメント。
 景品は、スバルの持ってた「コーンポタージュ」のお菓子だった。

 

 

 

 

終盤

 

 まつりの夜、先日スバルが床下から見つけたお酒を開けて、パーティーを開いた。
 エミリアとレムはお酒に弱いらしく、酔った二人はスバルに絡むも、まんざらではない様子のスバルだった。



 そしてスバルは1人バルコニーに佇むベアトリスの元に行くと、星空を眺めながら星座の話をする。
 合流したエミリアやレム・ラムらを前に、スバルは「スバルを探そう!」と持ちかける。

 そこに、「雪の精」が沢山現れ、幻想的な景色が広がっていた。



 パックは、残りのマナを使って、王都にも雪を降らせる。
 雪降る王都で、物語に登場するキャラクター達の様子が描かれる。



 そして翌日、無事にスバルとエミリアはデートへと出発するのだった。



 エンドロール。



 『異世界かるてっと』の発表。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 最後まで読んでくださり、
 本当にありがとうございました!!