メモスト

映画・アニメ・美術展などを中心に感想を書いています!

『映画』や『アニメ』、『読書』や『美術館』などの思い出を残すために始めたブログです。完全に個人用なので読みにくかったらスイマセン!

【原画展】『シャフト原画展』(マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝)

2018年5月2日訪問

 


【一言】

丁寧で綺麗な原画から、「シャフトらしさ」が伝わってくる!

線と陰影だけなのに、疾走感や躍動感が溢れていて凄いし、髪や服など細かな部分の動きまで静止画なのになびいているよう!

ゲームを知らなくても、存分に楽しめるシャフト原画展!

 


【Twitter140文字感想】

 

 

 

 

原画展&作品の概要

 

原画展概要

 

公式オンラインショップ シャフトテン一周年記念【シャフト原画展】
4月28日(土)~6月3日(日)の期間限定で有楽町マルイ 8Fにて開催!

「マギアレコード魔法少女まどか☆マギカ外伝」「<物語>シリーズ」「Fate/EXTRA Last Encore」の3作品を、展示会期を3つに分け、各作品の制作素材を中心に展示いたします。

新作グッズも多数用意してお待ちしておりますのでぜひ、各展示にお越しください。

(有楽町マルイサイトより)

公式サイトTwitter

会場:有楽町マルイ 8Fイベントスペース
会期:4/28~5/8→マギアレコード
   5/10~5/21→<物語>シリーズ
   5/23~6/3→Fate/EXTRA Last Encore
シャフトテン:公式サイト

 

 

 

ゲーム紹介

 

 スマホゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』はその名の通り、蒼樹うめ劇団イヌカレー(泥犬)、シャフトなど「まどか」制作陣が結集して贈る「まどか☆マギカ」の新展開。

一つの願いを叶えるとき、少女は魔法少女となり、その対価として魔女と戦う宿命を背負う。

舞台は新興都市、神浜市。そこで起こり始めた異変。
導かれるように魔法少女たちは集い、魔女との戦いを続けている。

「ういの存在が消えてる?」
妹の存在を求める魔法少女 “環いろは”
「この町の謎がわかれば、鹿目さんを救えるかもしれない・・・」
大切な人の救いを求める魔法少女暁美ほむら

魔法少女たちの想いが交差し、もうひとつの希望が生まれる。

(アプリサイトより)

 PV

 

 

 

 

 

全体感想

 

 シャフトの原画展、行ってきました!
 今回はスマホゲーム『マギアレコード』の原画展示ということでしたが、実は私は『マギレコ』をプレイしていないんですよ。正確に言うと、リリース日にチュートリアルだけやって辞めました(笑)

 そんなわけで、今回はゲームプレイしている友人と2人で行って、解説とかしてもらった訳です。ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 早速展示について。
 全体的に、とてもクオリテイが高くて最高でした! 登場する魔法少女とか全然知らなくても、会場にはきちんと変身シーンのアニメーションをモニターで再生してくれていましたし。

 あとは、TVアニメに登場した主役の5人がクローズアップされていて、『マギレコ』をプレイしていない私でも楽しめました!

 

 

 原画に関しては、魔法少女の変身シーンという事で、躍動感が凄かったです!
 それこそ魔法少女での変身シーンは1番の見せ場ですから、服の動きとかエフェクトとか、ダンスやステップなどとにかく動きがあって、見ていて楽しかったです!


 髪の毛の揺れとか衣服がはためく感じとか凄かったな~と。アニメーションとしては一瞬だけど、1コマ1コマ止めていくと、こんなにも丁寧に描かれているんだと改めて実感しました。

 

 

 書いたように、動きがとても綺麗な原画でした。眺めていて、「線と影の有無だけでここまでの躍動感は凄いな~」と思いました。
 プロだから当然なのかも知れませんが、(アニメとして)動いてない静止画1枚で、それは色もない、線と若干の陰影があるだけなのに、原画からは疾走化が伝わってきて凄かっったです。

 

 

 魔法少女たちが可愛かったです!
 変身シーンは見せ場ですから、魔法少女たちもとっておきのポーズと最高の表情を見せてくれる訳で、原画ではその一瞬の1コマをしっかり展示してあったから、嬉しかったですね!

 あとは「落下する魔法少女」が可愛すぎ!!!!!

 

 

 個人的に1番嬉しかったのは、劇団イヌカレーさんによるドッペル設定資料です。個人的に劇団イヌカレーさんの独特な世界観が大好物で、アニメ『まどマギ』でも魔女や手下が大好きでした!
 今回は、ショーケースの中に資料が置かれていて、細部まで見られなかったものの、雰囲気は抜群でした!!

 

 

 他には、『まどマギ』のTVアニメ&劇場版時のポスターが飾られていたり、大きなパネルが設置されていたり、原画デスクコーナーがあったりと充実した原画展でした!!

 

 

 ちなみに、会場に雰囲気はこんな感じ↓

 

 

 それから、今回の『シャフト原画展』では、会場に隠されたメッセージをLINEの公式アカウントへ送信すると、特別壁紙を貰えます!
 一応、メッセージと壁紙の部分には申し訳程度にモザイクを掛けておきました。

 さぁて、会場の何処かに隠されたメッセージ、どこにあるんですかね??|ω・)チラッ

 

 

 

 

 

展示紹介

 

 以降は、本当に文字通り展示されていた原画やパネル等を順番に紹介するでけです(笑)

 

 

 まずは外見と入り口。
 外壁には今回3会期に分かれている『シャフト原画展』それぞれのキービジュアルが。「<物語>シリーズ」や「Fate/EX LE」も行きたですけど、たった10日間だけだとな.........。(〈物語〉シリーズには行ってきました!感想リンク


(この上の まどか&いろは の写真が綺麗に撮れて嬉しい!)


 そしてシャフトテン用の描き下ろしまどか&ほむほむが風船を持った可愛いパネルでお出迎え! 後ろには色紙も掲げられていました。

 

 

 そして、いざ入場!
 まず最初に展示してるのは『魔法少女まどか☆マギカ』のTVアニメ&劇場版のポスター。TVアニメ放送告知のポスターと、劇場版のポスターとで明らかに雰囲気が180°違って面白いです(笑)

魔法少女まどか☆マギカ』PV(非公式アップ)

『[新編]叛逆の物語』予告(公式)

 

 

 原画展のメインの1つ、OPの原画展示です。
 TVアニメでも「OPが1番動く」なんていますけど、作品の“顔”ですから、やっぱり手をかけているなぁ~と思いました。
『マギレコ』OPムービー(非公式アップ)

 

 

 登場する魔法少女たちの変身シーン原画の前に、その他の展示について掲載しておきます。(変身シーン原画が長いので.......笑)
 まずはパネル関係。会場の中央にドーーーンと設置してあるのは、いろは達6人のパネルと、大きなみたまのドッペル。


 会場内にはその他に、八雲みたま、アリナ・グレイ、五十鈴れんのパネルがありました。

 

 

 原画のコピーが置かれている「アニメーション用作画机」。この机は実際にシャフトで使用されている机です!! 置かれた原画は手にとってパラパラすることが出来ます!

 

 

 展示会場の後半に展示してあったのは、ショーケースに入った劇団イヌカレーによるドッペル原案&設定資料。独特な造形や魔女文字などの雰囲気が最高でした!

 

 

 一番最後に展示されていたのは、シャフトがこれまで制作した『まどマギ』関連の商品。一部の設定資料集や原画集は手にとって読めました!!
 自社ブランドで商品を作るって大切だと思いましたよ。

 

 

 

 そしてここからは、ひたすらに魔法少女の変身シーンの原画を展示していきます(笑) 本展では、実装されているほぼ全ての魔法少女の変身シーンの原画を展示しているそう!!

環 いろは

キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



鹿目 まどか
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



暁美 ほむら
変身シーン(非公式アップ)



巴 マミ
変身シーン(非公式アップ)



美樹 さやか
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



佐倉 杏子
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



七海 やちよ
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



深月 フェリシア
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



二葉 さな
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



由比 鶴乃
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



十咎 ももこ
変身シーン(非公式アップ)



水波 レナ
変身シーン(非公式アップ)



秋野 かえで

変身シーン(非公式アップ)



竜城 明日香
変身シーン(非公式アップ)



美凪 ささら
変身シーン(非公式アップ)



御園 かりん
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



アリナ・グレイ
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



天音 月夜
   月咲
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)



ホーリー・マミ
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)


劇団イヌカレーによるドッペル設定

 

鹿目 まどか(晴着ver)
キャラ別CM(公式)

変身シーン(非公式アップ)


劇団イヌカレーによるドッペル設定

 

 

 以降は人数も多いいということもあり、面倒くさいということもありで、基本的には3人ずつの画像を張りつけて終わりにします。(手抜きでスイマセンねぁ......)

 

 

 


 

 

 

【関連リンク】
シャフト原画展の「〈物語〉シリーズ」の感想&レポートです!

 

 最後まで読んでくださり、
 本当にありがとうございました!!