『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】スター・ウォーズ/フォースの覚醒


2015年12月18日
【評価:5.0/5.0】
 
【一言】
興奮。
新しさと懐かしさの融合が最高。
これは完璧な正統なる続章。
 
 
『目覚めよ―』
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(原題:Star Wars: The Force Awakens)

 

 目次

 

 

 

 

【STORY】

A long time ago in a galaxy far, far away…
(遠い昔、はるか彼方の銀河系で…)

 
 

【詳細】

監督:J・J・エイブラムス
上映時間:136分
日本公開:2015年12月18日18:30

 
 
 
 

【超略スター・ウォーズ

 

《概要》
3つの3部作で構成される壮大なSF映画
エピソード(EP)4〜6のルーク3部作
EP1〜3のアナキン3部作
そして今作(EP7)からのレイ3部作。

 
《あらすじ》
凶悪なる銀河帝国の台頭により平和が崩れ、帝国軍と反乱軍の戦闘が激化する銀河。
────────────────

[ルーク3部作]
シスの暗黒卿ダース・ベイダー率いる帝国軍によって追い詰められる反乱軍。
反乱軍のパイロットとして活躍していた若きルーク・スカイウォーカーはマスター・ヨーダの下で修行し、ジェダイの騎士としてダース・ベイダーとの対決に挑む。

────────────────

[アナキン3部作]
ジェダイ騎士への訓練途中の青年アナキン・スカイウォーカー
彼の故郷での暗黒卿ダース・モールとの闘いから10年、共和国内に不穏な動きが。極秘理に大量のクローン兵士が製造されておりクローンの反乱を機にクローン戦争へと突入。
母を殺され、恋人を守る力を求めるアナキンはやがてダークサイドへと堕落していく。

────────────────

[レイ3部作]
???

 
 

【感想】

※以下、スター・ウォーズ=SW


  まず、公開初日に観れたことが本当に嬉しい!
  だって、世界があれだけ待ち望んでいたスター・ウォーズの続章ですよ!
  とにかく『興奮』しかないです
  本当に興奮。
  でも、これは過去6作を観たからこその興奮だから、ファンだけの興奮なんでしょうね!
  完璧な続章でしたよ!
 まず最初のオープニングクロール。
 あの高い音が響いてきてワクワクしない人なんていないですよ!
 そして、過去6作(特にルーク3部作)の設定やキャラクターを見事に活かしきっているのが超嬉しかったです!!

 ハン・ソロ、ミレニアム・ファルコン、レイア姫……。
 皆んな歳をとっていた(笑)
 でも、そこがまた懐かしく感じられてよかったです
 
 映像がまた綺麗でした!
 特にバトルシーン、チェイスシーンは最高!
 相当速いスピードでチェイスしたり、敵と銃撃をしたり。
 これは3Dで観るべき!




 これはもう、ファンへのご褒美!?
 とにかく過去6作を活かし、ふんだんに散りばめられているから観ている方にとってはたまらない!
 何が良いってちゃんと過去のストーリーをしっかりと、漏らさずに作ってくれたことです。
 これは観ていないと分からないでしょうね…。
 
 ハン・ソロ、チューバッカ、ミレニアム・ファルコン…。
 レイア姫にC3-PO、X-ウィングにTIEファイター……。
 新作でこんなにも出してくれるなんて思っていませんでしたよ!

 とにかく懐かしくて嬉しいんです!!
 それこそヒーローにヒロイン、最高の乗り物といったSWを象徴するようなモノがゴロゴロ出てくるんですもん!!
 これに興奮せずにいられますか!





 そして過去6作のストーリーをしっかりと活かした上での新章のストーリー。
 ここまで繋げてくれているからこそ“正統な続編”として誰もが認められるんでしょう!

 でも、続編と呼ぶに相応しい作品だということだけは確かです!
 そもそも、EP7の主人公であるレイ、敵であるカイロ・レンが…………オットアブナイ。
 それに、大まかな流れも少しだけリスペクトしている気がして嬉しかったです。

(それとも、ただ歴史が繰り返されるだけなのか…)
 
 ただ、あの人が最後にああなっちゃった時は「マジか!?」って。本当にショックでした。
 あと、敵の基地の中のシーンとか気に入りましたね〜。だってデス・スターを連想させるんですもん!




 映像技術が向上したからなのか、SWだからなのか。

 とにかく映像が綺麗!一方で宇宙空間やスター・デストロイヤーなどの表現などは昔の雰囲気を残していたのが良かったです。
 予告編にもあるミレニアム・ファルコンvsTIEファイターの戦いは素晴らしかったです!
 スピードマックス、重力を無視しているように縦横無尽に飛び回り、狭い隙間を通り抜ける。
 画面が上下したり、揺れたりとそれこそアトラクションに乗っているようでした。(4Dで観たい…。)
 
 

 セリフも素晴らしかった!
 予告にあるハン・ソロが言う『真実だ。すべて真実だ。暗黒面も、ジェダイも実在する。』ってセリフは本当に格好良かったです!!
 他にも「良いな♪」って思うセリフがたくさんあって良かったです!

 
 

 J・J・エイブラムス監督は天才ですか?神ですか?
 本当にシリーズものを活かす監督ですね〜。
 最近は新作となるとストーリーが全く繋がっていなくて新しい層を狙う作品が多い中で、今作はそんなの無視!
 とにかくファンの期待に応えるような、ファンが楽しめるような作品に作ってくれてます!エイブラムス監督、ありがとう!
 

J・J・エイブラムス監督
M:I/Ⅲ〜ローグ・ネイション
スター・トレック イントゥダークネス
など。

 
 

 最初、あの高いメロディと共にお決まりの文句が現れ、そして「STAR WARS」という題名。 銀河の彼方へと流れていくオープニングクロール。
 ここで既に興奮は最高潮!
 シンデレラ城も、バット・ロボットのロゴも無し。
 シルバーに輝く“LUCASFILM”だけ。最高!

 
 

 ただ…カイロ・レンのルックス、なんとかならなかったんですかね…。
 

 あと、パンフレットが素晴らしい出来でした。なかなか内容が充実していましたよ。(残念ながらメモリアルパンフレットは買えなかったんですが…。)
 写真が綺麗だし、解説がかなり詳しいです。
 登場キャラ、種族、乗り物、エイリアン、惑星など細かい!そしてビジュアルが綺麗!
あと、オープニングクロールの文章が載っているのはありがたいです!
 
 
 

 ディズニーが買収&配給っていうのがやっぱり…ねぇ。
 確かに買収によって資金は確保できたでしょうけど…。
 とりあえず映画の最初にディズニーのロゴを映し出さないというのは良い判断。
 でも、害の方が多い気が…。

 まず、ホームページがダサい!ディズニーのHPはダサ過ぎ。SW単体のHPなら絶対に格好良かったですよ。(背景を黒にしたり…。背景が白とかありえない!)
 
 そして、この一年SW商品が溢れすぎ。
 右を見ても、左を見てもSWコラボ。
 ここまでやられると特別感が薄れちゃうから嫌だ!

 ジブリは作品のほとんどを伏せるって宣伝戦略を取ったことがありましたが今回もそれが良かったです。
 キービジュアルと特報動画のみで良かったのに…。
 これもディズニーだからなんでしょうかね…?
 
 一方で、コラボでもGoogleは質が高かったですね〜。
 Mapのアイコンがペグマンがトルーパーか反乱軍兵士、アイコンがTIEファイターか X ウィングに変わったり。
 Google翻訳では映画内での宇宙言語への翻訳が可能に。
 他にもChromeYouTube、カレンダーなどで変更が!
 Chrome拡張機能ではなんと、SW/FAのネタバレを載せているサイトを隠してくれる機能が!
 極めつけはスマホライトセーバーに!?パソコンとスマホジェダイ気分になれるゲーム!「ライトセーバーエスケープ」と検索!
 
広告を非表示にする