『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】ミュータント・タートルズ

【4.5/5.0】


2015年2月14日              
       カワバンガ!』

 

 

目次

 

 

【STORY】

NYでは犯罪組織が犯行を繰り返しており市民を脅かしていた。そんな中女性記者のエイプリルは事件を追ううちに犯行現場を目撃。そこに現れたのは姿の見せない謎のヒーローだった。 調べるうちにヒーローとは個性豊かな4匹のカメ「レオナルド」、「ラファエロ」、「ドナテロ」、「ミケランジェロ」だと知る。 彼らがNYの市民を救うために駆け巡る!

 



【感想】


 久々にアメコミで面白いと思えました。 なんと言うか…カメなのにスピード感に溢れて、とってもクールでした。 それから3D映像が綺麗でした!
 これはアメコミが苦手な人でも楽しめるはずです。完全なリブート版で、他のMARVELやD.C.コミックとも関係がないのでこの1作から観始めても全く問題なしです。
 
 

 正直、この映画を観るまでミュータントタートルズには全く興味がありませんでした。 アニメーションも軽く観たんですがなんか絵が好きになれなくて…過去に3回実写映画化されているみたいなんですが画像を見た限りではそれもダメで…(全てのアメコミに共通するのですが自分は基本的にアメコミの“映画”が好きなんです。原作となるマンガ版やアニメは絵が雑というか、なかなか好きになれないんですよね。)
 ただ、制作がトランスフォーマーマイケル・ベイという事で観に行ってみたら大当たり!3D映像が素晴らしく綺麗で、バトルもスピーディーで。あまり興味がなかったという事もあり映像に期待して、ストーリーに重点は置いていなかったのですがストーリー面でも想像を数倍上回っていました。(どれだけ低評価をしていたのか…)
 
 
 

 3Dで観ました。凄かったです。
彼ら(カメたち)は下水道に住んでいるのですが基地までの下水管スライダーとか、空手を使って敵を倒すシーンだとか、CMや予告にもある雪山でのバトルシーン…と3Dでの見せ場がてんこ盛りです。 しかもマイケル・ベイが制作ですから疑う必要は無いですよね?120%立体映像で、最近あまり観なくなった“飛び出す3D”の部分も何箇所か。 雪や、ガラス片がひと粒ひと粒しっかりと見え、そういう場面はほとんどスローモーションになるので空中に漂う破片が綺麗です!
 
 

 カメのくせに動きがメチャクチャ速い!数秒のうちに跳んで、蹴って、殴って敵を倒す!そのほとんどに用いられているのがスローモーション。速い動きを丁寧に観られるのはもちろん、上にも書いたように破片など細かいところを凄く綺麗に観る事ができる。
NYの摩天楼を駆け巡り、ビルから飛び降りるシーン、雪山でのチェイスなどはアトラクションに乗っているような感覚です!「おぉ!」となること間違いなしです。
 「ベストシーンは?」と聞かれたら迷わずに「雪山でのバトルシーン」って答えるでしょうね。あのシーンは特に凄かったです。迫力があって、長くて、雪がとても綺麗で…観ていて心から拍手をしたくなりました。文句なく1番ですね。
 
 

 ストーリーは単純そのもの。「強いカメが4匹います。悪者を倒します。」以上!勧善懲悪という分かりやすいのがアメコミのいい所。 
 それでも全く飽きずに100分を過ごせます。 無駄に裏がないので素直に楽しめますよ。 仲間を意識するのもアメコミの特徴ですかね?ラストでの仲間を想った告白に感動しました!!
 今作は特に会話の中に様々なキャラクターやポップカルチャーの名前を入れてきていて分かると楽しいですよ。 バットマンとか、ジェダイとか…
最初から最後までハイスピードで駆け抜けます!
 
 

 色々なレビューや皆さんの感想にあって、自分も本当にそう思いました。 「さすがにこの吹き替えは…」と。 映画館では吹き替え版しか上映していなかったのでしょうがないと思って観ましたがやっぱり字幕が良かったです。 
 女性記者の声はもう少し大人っぽくても良かったと思いますし、敵のボスやカメらの師匠の声も映像からのイメージと少しギャップがありました。 なぜヒロインがベッキーなんでしょう?彼女のコメントに「大人っぽく演じられるように頑張ります!」とありましたが…どうでしょう?

 ヒロインを演じたミーガン・フォックス。記者にしては美人すぎるような気がしましたが個人的には悪くなかったと思います。 ただ、今までのアメコミ映画に比べるとヒロインの割に出番が少ないですかね…
 
 

 本編の冒頭に簡単な説明映像が入るのですがそこから凄いです。アメコミ独特のイラストタッチで流れるように場面展開をしながら説明が入ります。格好いいですよ!
 
 
 

 「カワバンガ」とはサーフィン用語で「やったぜ!」「最高!」などの意味でアメリカなどではよく使われるそうです。
 
 
HP:
 
広告を非表示にする