『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【観光】『新宿御苑』────濃く鮮やかな緑が美しい、都会の庭園

2017年8月31日

 ずっと行ってみたかった新宿御苑に行ってきました!
 観光で東京に来ていて、別の場所に行こうと思っていたのですが、なんとこの日は雨……………なので行ってきました!!

 

 



 この新宿御苑は映画『言の葉の庭』の舞台です。
 この作品は、舞台が梅雨の雨降る新宿御苑を描いているので、雨が降ったこの日に訪ねたわけです。
 そこら辺も触れながら、感想を書いていきたいと思います。
 まず、その『言の葉の庭』という作品の説明を少しだけ。

 

 

 

 


 

 

 

 

言の葉の庭

  この作品、とにかく美しくて、大好きな作品です。
 2016年に大ヒットした『君の名は。』の監督が手掛けた作品です。

 

キャッチコピーは

"愛"よりも昔、"孤悲(こい)"のものがたり。

英題は

The Garden of Words

となっています。




あらすじ───────
 梅雨。
 彼は、雨が降ると高校の授業をサボって都会の公園で午前中を過ごす。
 ある雨の日、彼は一人の女性に出逢う。
 この日から、雨の日にしか会えない2人の遣り取りがはじまる。

(46分)

予告

イメージソング
秦基博『言ノ葉』



 以下は自分の簡単な1言の感想です。

 「雨」が本当に素晴らしい。
 深い緑と、降り落ちる雨の描写がとにかく美しい作品です。背景に見とれてしまうほど。
 背景がとてもリアルなので、フィクションであるはずの物語に“現実感”が加わるように思います。

 そして、その物語はとても淡くて、切ないです。序盤の「出逢い」、そして終盤が嬉しくて悲しくて。

 とても大好きな作品で、梅雨の季節にいつも観たくなる作品です。





 新海誠監督の作品に関しては、以下の記事でまとめていますので、よろしければ御覧ください。

 

 

 

 


 

 

 

 

新宿御苑、散策】

 というわけで、新宿御苑を映画『言の葉の庭』の舞台を回る形で散策しました。
 散策に当っては、以下の聖地巡礼マップを参考にしました。





 ということで、まずはひたすら新宿御苑で撮影した写真を掲載していきます(笑)
 
写真の順番は、
上が撮影した写真
下が映画の画像です。



 まずは、映画のキーホルダーのカットです。




 公園の入り口です。
 開門は午前9:00で、写真は開門直後なので、人がたくさんいました..........。




 続いて木の板が張られた回廊。
 普通に観光したなら、絶対にこの写真は撮らないでしょうね(笑)
 映画の主人公が歩いた道です。




 太鼓橋。
 背景のビルの位置構図がずれちゃいましたね.........




 物語の中心的な舞台の1つ、東屋です。




 もう一枚。
 映画の方は真ん中にある灰皿が消されています。




 藤棚。




 こちらも藤棚。




 イギリス式庭園からの風景です。





 ということで、雨が降る新宿御苑でした。
 とにかく緑色が鮮やかで、とても濃かったです。
 以前行った鎌倉観光のときもそうだったのですが、雨だと自然の色がとても綺麗に映るように感じました。


 そして、こんなにも映画の舞台と同じ場所を尋ねられるんだなぁ~と嬉しく思いましたね!


 とても広い庭園で、イギリス式やフランス式、もちろん日本庭園などと都会新宿の中心とは思えないほどの広さ・自然さ・気持ちよさなどがあったように思います。
 今回は後の予定の関係で短時間しか居られませんでしたが、次回はゆっくりと時間を持って巡りたいと思いました。

 

 

 

 


 

 

 

 

 今回の感想は以上です。
 とても綺麗で、ぜひ夏の時期、梅雨の時期に一度は訪れていただきたい場所でした!
 場所も、新宿駅から10分程度と、本当に東京のど真ん中!


 最後の写真は、公園の「千駄ヶ谷門」から出て千駄ヶ谷駅に向かうまでの一枚です。






 



広告を非表示にする