『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

 

2015年2月7日
         『“ちょびヒゲ”が世界を救う!?』

 

 目次

 

【STORY】

主人公、チャーリー・モルデカイはちょびヒゲがトレードマークのインチキ美術商。 
イギリスでゴヤの名画が盗まれる。美術界の裏に詳しいであろうということでMI5の捜査官から捜査協力の依頼が。
 大富豪、ロシアンマフィア、テロ組織に警察を巻き込みモルデカイの名画探しが始まる。 やがて名画にはある秘密が隠されていると知り…

 


【感想】

●面白かっです!!そして結構笑いました!!やっぱりジョニー・デップはこうじゃなきゃ! ストーリーは少し緩くて完璧ではなかったけどキャストが豪華で、しかも終始クスクスと笑えます。最近はこういう映画が観れていなかったから楽しかっです。 
 
 
ハサミ男に海賊、天才数学者に工場長、悪霊、帽子屋、ヴァンパイア…と様々な奇役をこなしてきたジョニー・デップが今回演じるのはちょびヒゲの胡散臭いインチキ美術商。このヒゲがトレードマークであり、物語の中で何回も笑いを誘うことになる。
ジョニー・デップの不思議な行動や癖のある走り方、セリフは健在。(前回トランセンデンスを観てガッカリしたから嬉しかったです!)
字幕で観るべきか、吹き替えで観るべきか悩みした。いつもの?コメディキャラという事で平田広明さんの吹き替えも凄く良いので…結局、字幕で観ました。
 
 
●正直、ストーリー重視の場合はピンとこないかも知れないです。 「名画の秘密」とか言いながらもほとんど秘密もなく、謎解きもなく内容は濃くはないです。 
でも、コメディとしては凄く面白かったです!
ジョニー・デップ演じるモルデカイ、彼のちょびヒゲ、召使&護衛のジョック、ヒゲアレルギーの妻ジョアンナ…とキャラの濃い登場人物たちが観客をしっかりと笑わせてくれます。 個人的にはジョックが絡むシーンが笑えました。
 
 
 
●すっごくストーリー的には緩いですが、だから素直に楽しめると思います!上にも書いたように謎解きなどはなく、難しいことは一切なし。単純にスクリーンを観て、面白くて、笑える映画。 少し下ネタが多い気がしたけど他のコメディ映画などに比べれば全く問題ない。ほぼ0レベル。
世界中を飛行機で駆け巡るときに、地点同士の移動のシーンの映像が意外と気に入りました。
 
 
 
●モルデカイの妻を演じるグウィネス・パルトローがぴったりでした。 アイアンの ペッパー・ポッツ役でもそうでしたけどお金持ちで、女好きの男性に付く役が似合うんですかね?もしくは ペッパー・ポッツのイメージが強すぎるんでしょうか…
 
 
 
ジョニー・デップのドタバタアクションを含むコメディ映画。 明るくて、とても愉快な作品。 しっかりと笑わせるところを抑えているから誰が観ても笑えるはずです。 自分は外国コメディに裏仕切られることが多い分、今回は大成功でした! 恐らく失敗することはないでしょう。そこは安心して観て平気だと思います!
 
 
 
HP:
 
広告を非表示にする