『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【作品展】『初音ミク10周年記念展』────皆んなで作る物語!

2017年11月2日

 

初音ミク10周年記念展
@pixiv Zingaro

 

 

 


【一言】

10周年を迎えた初音ミク
イラストレーターさん各々が思い描く彼女の姿があって、とても綺麗!

印象的な青緑の髪とともに、歌ったり踊ったりする表情が素敵!

皆んなから愛されて、皆んなの手によって成長してきたんだなぁ~と思いました。






【目次】

 

 


 

 

【展示概要】

 『キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク』より「初音ミク」が2017年8月31日、ついに10周年を迎えました。

 2017年8月31日~10月2日までpixiv公式コンテストで実施された、グッドスマイルカンパニー主催、初音ミク10周年フィギュア企画「初音ミクイラストコンテスト」の展示会を東京・中野のpixiv Zingaroにて開催いたします。

 本展では、大賞作品・入賞作品全てのイラストを公開いたします。さらに、初音ミク10周年メインビジュアルのKEI氏のイラストを元にして制作されたスケールフィギュアの彩色見本を展示お披露目いたします。

(公式サイトより・一部改変)

 公式サイト

 

 

 


 

 ※注意書き(?)
 本ブログを書くにあたって、筆者は「初音ミク」の大まかな概要や情報は知っているものの、詳しいわけではないという点、イラストや創造性は大好きですが、曲はあまり利かないという点を書いておきます。

 


 

 

 

初音ミク & 10周年紹介】

初音ミク

 2017年8月31日に10周年を迎えた初音ミク
 初音ミク

 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっています。

 (公式サイトより・一部改変)

 

 

 

 

 

〈10周年〉

 10周年を記念した特設サイトがこちらです。様々な企画やイベントを行っており、そのどれもが「愛に溢れた」ものです!!




 初音ミク10周年を記念して制作された楽曲『夢よ未来へ』






 KEIさんと島崎麻里さんが手掛けた10周年記念のメインビジュアル。
 本展でも大きくパネル印刷された展示と、フィギュア化のデモ版が展示してあったので、このあとで書きます。




 そして、この10周年を振り返るタイムライン。
 ソフトウェアの発売からフィギュア化やマジカルミライなど、初音ミクの“これまで”を視覚的に見ることが出来、とても良いです!!




 さらに、たくさんのクリエイター&イラストレーターさん方が描いた10周年を祝うカウントダウン・イラストをまとめたギャラリー。
 イラストと、お祝いの言葉と感謝の言葉。これをみるだけで愛されているんだなぁ~と伝わってきます。

 

 

 

 


 

 

 

【pixiv × 初音ミク

〈イラストコンテスト〉

 pixivとグッドスマイルカンパニーによるイラストコンテスト。

[ 概要 ]
 本コンテストは「初音ミク」の生誕10周年を記念したもので、大賞作品は株式会社グッドスマイルカンパニーによってスケールフィギュア化。入賞者101名には、スケールフィギュア「初音ミク10th Anniversary Ver.」などの豪華賞品が贈られます。応募総数は2000点を超え、初音ミクへの愛と、共に歩んだ10年間の思い出が詰まった作品が集まりました。

(公式サイトより・一部改変)

コンテスト公式サイト(pixiv)

グッドスマイルカンパニー公式サイト



 絵画やイラストなどを観ることが好きな私にとってpixivはなかなか素晴らしいツールです。今回のコンテストも「初音ミク10thイラコン」というタグ付けで初音ミク絵をまとめて観ることが出来たり、応募作品という形で全作品を観れたりと、鑑賞者として楽しませてもらいました。




  こちらからこのコンテストで入選した全100作品と大賞1作品を観ることが出来ます。pixiv Zingaroで行われた作品展はこれら101作品をパネル展示したものです。
 作品の詳細や、閲覧はネット上からも出来るというわけです。



 そして、こちらが大賞です。
 写真はイラスト展に展示してあったものです。



 

 

 

 

〈イラスト展〉

 お待たせしました、ようやくイラスト展についての感想です(笑)
 と言っても、大した感想は書かずに、写真を貼りつけて終わりですがね(笑)
 先ほど入選作品はネットでも確認できると書きましたが、やっぱり印刷されてパネルになり、実物として展示された作品を観ると印象も、感じ方も変わります。




 pixiv Zingaroは中野ブロードウェイ内にある小さなギャラリーです。真っ白な室内の壁四方に絵が掛けられていて、中心にフィギュアが展示してありました。



 以下は丹沢吉順さん(@tanji_y)が公開した会場内の360°写真です。 

キャラクターデザインKEIさん、コスチュームデザイン島崎麻里さんによるGOOD SMILE COMPANY 10周年初音ミクフィギュアを目の当たりにして、びっくりするミク。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA




 展示してある作品は写真撮影可能です。
 幾つか気になった作品を写真に撮りながら、かなりゆっくり観ました。
 まぁ、絵が100作品以上展示してあるわけですからね(笑)




 展示された絵を観ながら思ったのは、「やっぱり初音ミクは愛されているなぁ~」ということです。
 会場内を見回すと、初音ミクの特徴的な青緑色のツインテールがとても目立ちます。そして、近づいて1作品ずつ観ると、踊っていたり、歌っていたり。笑っていたり、凛とした表情を浮かべていたり、ウインクしていたり。背景も凝っていたし、ピアプポキャラたちと一緒だったり。


 初音ミクという1人のキャラクターでも、たくさんのクリエイターさん達がそれぞれ違う初音ミクを描いていて、想像力というか、多様性というか、本当に凄いなぁと。




 それから、KEIさんと島崎麻里さんが手掛けた10周年記念のメインビジュアルとそのデザインのコンセプトアート、そしてフィギュアが展示してありました!
 本当に綺麗で美しい..........





 コンセプトアート。





 そしてフィギュアです。
 長くて透明な髪がとっても素敵でした!!

 

 


 来場者特典はポストカードでした!!

 

 

 

 


 

 

 

関連記事
  初音ミク10周年を記念したイベント『MIKU10 -初音ミク10周年展-』の感想記事です。
 読売新聞とのコラボで、23mに及ぶ巨大なミク絵巻などが展示してありました。

 

 

 

 余談です.......。
 本展とは全く関係ないですが、都庁のエントランスホールに初音ミクのパネルが展示してありました(笑)

 

 

 

 

 最後まで読んでくださり、
 本当にありがとうございました!!

 

広告を非表示にする