『映画』や『アニメ』、『読書』や『旅行記』などの思い出を残すために、書き出したブログです。 私個人の目線で目線で書いているので、読みづらかったらごめんなさい!!読んでいただけると嬉しいです!!

【映画】『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』───薄く弱い物語内容が非常に残念

※ネタバレなし。
※画像は予告映像のキャプチャです。

2017年8月18日
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 

【評価:2.3/5.0】

 


【一言】

物語があまりにも薄すぎた。
主役の声があまりにも棒読みすぎた。
キャラ絵が内容にあってない。
音楽とアニメーションのみ良かった。

 




目次

 

 


 

 

 

ストーリー

 夏休み。花火大会をまえに、 典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。

「かけおち、しよ」

 なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。 それを見ているだけで助けられなかった典道。

「もしも、あのとき俺が…」

 なずなを救えなかったもどかしさから海で拾った不思議な玉を投げつける。 すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。

 何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?

公式HPより・一部改変)

予告動画

 

 


 

 

作品データメモ

監督:新房昭之/武内宣之
製作:シャフト
原作:岩井俊二
音楽: 神前暁
主題歌: DAOKO×米津玄師『打上花火』
キャスト:広瀬すず,菅田将暉 and more.
上映時間:90分
日本公開:2017年8月18日
配給:東宝
公式サイト⇩


 

 


 

 

 

感想

 批判は饒舌になるという、悪い癖がでました。

 

感想外観

 物語の内容や声の演技への期待は一切なく、ただ「シャフト制作のアニメ映画だから」という理由で観に行きましたが………あまりにも薄っぺら過ぎました。
 あ、題名はセンスあると思います。




 まずそもそも、物語の内容が薄すぎる!!
 目的が何なのか?
 何がしたいのか?
 どうしてなのか?
 どうなったのか?
 と言うように詰めの甘い薄い内容と曖昧な設定で、「青春の夏休み & 花火」という定番設定を免罪符や宣伝に使っているかのような印象を受けました。




 そして、内容の薄さに拍車をかけているのが主役2人の声の演技。菅田将暉広瀬すず。2人とも棒読み演技というか、感情がほとんど感じられないというか。ヒロイン演じた広瀬すずはまだマシな方でした。問題は菅田将暉のほうですよ………。
 ちなみに、主役以外の役は有名な声優さんを起用していて豪華でした。




 そして、物語内容と声演技の2つに加えて、残念だったのがキャラクターデザイン。本編の内容にこの可愛らしさ & 幼さが出るデザインは合いませんでした。
 また、『化物語』のように他のTVアニメ作品と似すぎていたのも勿体なかったです。(個人的には好きな絵師さんなんですが)




 アニメーションに関してはとても良かったです。「さすがシャフト」と言うような、演出に凝った映像が良かったです!
 特に今作は「花火」や「水」といった無形物がテーマでしたから、その部分は特に綺麗でした!




 主題歌や劇伴を含めて、音楽がとても良かったです。主題歌はDAOKO×米津玄師の『打上花火』。米津玄師さんの音楽性最高! あとは、DAOKOさんの英詞挿入歌も良かったです!
 そして、劇伴は神前暁さん。数々の有名アニメの劇伴や主題歌を手掛けています。やっぱり印象的なのは『〈物語〉シリーズ』! 




 こんな感じです。
 自分は制作会社や監督、キャラデザ担当絵師や主題歌歌手らが好きな人たちなので良かったですが、そうじゃなかったらつまらないかもしれないです………。

 

 

 

 

 

物語内容

 先に書いたように、物語の内容は残念と評価するしかないです。タイムリープ系の複雑(?)な話のはずなのに、理由や動機は曖昧で弱く、心情や考えの描写は鈍く、全体的に薄っぺらいという印象を抱かざるを得ません。




 自分がタイムリープ系作品でまず一番に大切だと思うのは主人公ら登場人物の思考や心情です。それがあるから切なかったり深かったり、面白かったり重要だったりと物語に厚みが増すのではないかなぁ〜と。

 『君の名は。』なら街を救う為に奔走する。
 『ターミネーター』なら世界を救う為に殺戮機械が人間を助ける。
 『まどか☆マギカ』なら愛する友を救う為に時を繰りかえす。
 『僕だけがいない街』は好きな女の子を守る為。

 いざ挙げてみると「○○を救う為」って理由が多いですね(笑) でも、大きくて重要な理由があるからタイムリープが認められる(?)のではないかと思います。



 そして、今作はその部分があまりにも描かれないし、語られなさすぎる! きっかけは「不思議なアイテムを拾った」から。理由は「失敗したからやり直したい」から。あまりにもぬる過ぎます。
  ちなみに、キャッチコピーは『何度でも君に恋をする』です。




 そしてその恋。
 これが青春群像劇みたいに、甘酸っぱいラブストーリーが描かれたなら大満足なのですが、全くその気配なし。

 それどころか、本当に「好き」なのか、どこまで好きなのかも曖昧です。愛情はタイムリープの強い理由になりそうなのに、その部分すらまともに描かれない。

 曖昧に、フワフワとした“なにか”が描かれているだけ。もちろん、これがリアルな等身大といえばそうなのかもしれませんが、フィクション作品なのに………。




 結局、「中学生の恋を描いて、花火でも出しときゃいいだろ」みたな印象になってしまったんです。(散々な言いようですいません。)

 

 

 

 

 

声の演技

 心配はしていましたよ、声優じゃなくて俳優を起用したことに。でも、信じてたら………それを見事に裏切られました(ある意味予想通りww)。
 なんで実力ある声優を起用しないのでしょうか? 俳優は身体や表情の演技も含めるけど、声優は声一本なんですから、難しいのは明らかなのに……。
 どこか悪かったか。
 棒読み的な演技と、キャラに声が合っていないという点ですね。



 
 まず棒読み的な演技。
 とても恋愛を描いている作品とは思えないほど微妙な演技でした。感情がこもってないというか、抑揚が弱すぎるというか。
 「頑張って演技しようとしたけれど、これが精一杯」みたいな印象がして、とても嫌でした。



 そしてキャラに合ってないという点。
 正直、この点に関しては声優とキャラデザの両方に非があると思います。
 声の演技の点からは、特に主人公の男の子の声が太すぎる印象でした。中学生1年生がこんな野太い声でしょうか……?




 ヒロインを演じた広瀬すずさんはまだマシな方でした。普通に会話を演じている限りは。でも、叫ぶシーンは酷すぎるww あのヒロインの彼女が「のォりィみィちィくぅぅぅん」って粘着質な叫び方しますかね…………?




 脇を固める声優さん達は名前を並べるだけで豪華さが分かるような人たちばかり。
 宮野真守
 花澤香菜
 櫻井孝宏
 梶裕貴
 ︙




 ただ、この方々の演技もなんだかんだ違和感を感じました。原因は多分、中学生を演じたからという部分でしょうね………。
 特に「〜じゃねぇよ!」とか「〜じゃね?」とかの言葉遣いが違和感の原因でしょうね………。

 

 

 

 

 

キャラクターデザイン

 キャラデザ、すっごく可愛いんですが、それが逆に仇となりましたね……。
 タイムリープっていう内容に加えて、中学生の恋。なのにこの絵質はマッチするのは難しいのかもしれません。
 似たような理由で『君の名は。』の時も自分はキャラデザを非難しました。




 キャラデザ担当の渡辺明夫さん。個人的には大好きなイラストレーターさんなんですがね……。
 今作に登場させる人物を描くのに、ここまでの「可愛らしさ」とか「幼さ」というのは必要なかったと断言します。




 あと、これは仕方ない弊害ですが、同じ渡辺明夫さんとシャフトが組んだ『化物語』等の『〈物語〉シリーズ』とキャラクターが似すぎていて、「あ、○○だ」と考えてしまったのが残念です。
 『〈物語〉シリーズ』の戦場ヶ原ひたぎ阿良々木暦の二2人にそっくり。(あまりいい比較画像がありませんでした........)

上は『打ち上げ花火~』

下は『化物語』の阿良々木暦

上は『打ち上げ花火~』

下は『化物語』の戦場ヶ原ひたぎ

 

 

 

 

 

アニメーション

 アニメーションはとても良かったです。さすが、大好きなシャフト!

 


 まずは無形物描写。
 なかでも「水」がとても綺麗でした。最近のアニメはCGの使用等によってどんどん液体の描写が綺麗になっている印象ですが、今回もそうでした。
 プールや海、水しぶきが綺麗でしたね〜。で、一番は「プールの中の身体」の描写!! 水中だと身体が揺らいで見えますよね? その描き方が本当に上手でした!!!




 あとは「花火」。
 まぁこれに関しては全部CGなんでしょうから、綺麗云々は当たり前なのかもしれません。でも、暗い劇場のスクリーンにカラフル色鮮やかな花火が咲く場面は綺麗でした。




 そして背景。
 綺麗でした。感覚的なイメージですけど、“詰まってる”印象でした。新房監督の背景って開放的であまり建物が描かれないイメージなんですが、今作は違いました。
 町とか坂を下るシーンとかの背景は建物がちゃんとある感じ。普段のアニメがどこかアート風ですが、今作は現実よりな気がしました。




 あとは、人物の描き方もとても効果的で良かったです。振り向くシーンや手を握ろうとするシーンの多用が印象的でした。
 なかでも一番は、目・瞳のアップでしょうね〜。




 個人的に嬉しかったのは、やっぱり新房監督 & シャフトらしい描写があったところ。
 一番は『シャフ度』でしょうね〜。キャラクターが首を傾ける描写が今回もあって嬉しかったです!


以下はシャフ度の公式まとめ動画です⇩




 あとは、クレジットに劇団イヌカレーの名前があって「やっぱり」と(笑)

 


 ただ、キャラクターCGは残念でした。
 乗り物に乗って移動するシーンや、遠くの方の場面のキャラはCGで描かれていたのですが、やはりCG感が出てしまって残念でしたね。

 

 

 

 

 

音楽

 劇伴・主題歌・挿入歌のどれも最高でした!!




 まずは主題歌と挿入歌から。
 DAOKO×米津玄師の『打上花火』がいいですね〜。DAOKOさんの方は全く知りませんが、作詞作曲の米津玄師さんの音楽性は大好きです。PVが素敵すぎる!
『打上花火』PV⇩




 あとは挿入歌。
 DAOKOさんの『Forever Friends』。原作ドラマの主題歌をカバーした曲だそう。予告編で流れる英詞の歌です。この雰囲気がとても好き!!
Forever Friends』MV⇩




 そして劇伴。手掛けるのは神前暁さん。
 冒頭のBGMが特徴的だった気がします。
 有名なアニメの劇伴を多数手掛けていて、自分も好きな作曲家です。
 『化物語』の劇伴&主題歌、『らき☆すた』や『涼宮ハルヒの憂鬱』などなど有名作品の劇伴多数!!

 

 

 

 

 

その他

 パンフレットを購入したので、記録的な意味合いで載せておきます。




 読んでいてなかなか面白かったです。
 個人的にアニメが好きというのもありますが、アニメに携わるスタッフは個性が豊かなんです。新房昭之監督然り、渡辺明夫さん然り、神前暁さん然り。
 自分がそれぞれの特徴を分かっているから、「あ〜こんな風に作ってたんだ」という発見というか、知らなかった部分を知れる楽しさがありました。




 実写映画だとこうはいきませんからね。監督の特徴があるくらいで、美術や衣装デザインの人は名前すら知りませんから。

 

 

 

 


 

 

以降、映画本編のネタバレあり

 

 


 

 

 

ネタバレあり感想

 さて、ネタバレ感想ですが、正直書くことないです………(笑)
 本編の内容が微妙だった上に、「ここが特に凄かった!!」って場面が皆無だったので。
 上の感想で書ききった感があります。基本は悪口ですが(笑)


〈主題〉

 題名の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』はとてもセンスあるタイトルだと思いました。



 そして、男子中学生たちが話していた、「花火の形って丸い?平たい?」っていうのが個人的にはナイスな儀論。




 まぁ、結局どっちなのか結論が出ないまま、変な花火が上がって終わりましたけど。

 

 

 

 

 

本編内容

 本編内容といっても、淡々とストーリーが進んでいたイメージなので、特に場面を切り出して感想を書くような必要は無い気がします………。
 いくつか、印象に残ったシーンを挙げて軽く感想を書こうと思います。



 まずはプールのシーン。
 頬に止まっているトンボを取ってと頼まれた場面。自分が中学生ならドキドキする事間違いなしでしょうね〜(笑)




 あとは、少し思ったことですけど、この映画は水着が全然エロくないなぁ〜と。深夜アニメとかだと結構セクシーさとかエロさを描きますけど、全然エロくないのがちょっと凄かったです。




 そして50m競争。3人が飛び込むシーンが綺麗でした。それ以上に、泳いでいる姿とか、息継ぎのシーンとかが本当に良かった!
 泳ぎ終わって、なずながホースで水をかけるシーンの綺麗なこと!



 なずなが親に無理矢理引っ張られるシーン。
 浴衣姿のなずなが連れ返されるシーンは、走りにくい下駄で抵抗する姿が、無力だなぁ〜と。
 白いワンピースを着たなずなが駅のホームで連れ戻される場面。まさかお義父さんが殴るなんて……。涙を流しながら助けを求める姿が儚かったです。




 電車での“駆け落ち”。
 1度目。電車の中で歌うなずなが良かったです。ファンタジー的な演出は新房昭之監督の十八番です。広瀬すずさん、歌はなかなか上手かったです。
 「茂下駅」の次で降りて、ホームから飛び降りるシーンが凄く好きでした!!




 そして灯台へ
 灯台の上から見る花火は綺麗でしたが、それ以上に白いワンピースのなずながとても妖艶で綺麗でした。




 男子中学生たちがそれぞれ自分の好きな女のこの名前を叫んでいましたが、最後おかっぱ男子が叫んだ名前って「鈴木奈々水樹奈々?」。 パンフレットに元々は「戦場ヶ原ひたぎ」という名前にする予定だったと書いてありました(笑)




 海の上を走る電車。
 ここ、もう『千と千尋の神隠し』しか思い出せないです(笑) 確かに幻想的ではあるけれど、なんで急にレールが切り替わってこの路線になったのか謎です………。




 誰もいない世界。
 ガラス玉の内側のような世界、結界の中のような世界。典道が「この世界でお前と居たい」といったのはちょっと格好良かったです。
 わざわざ泳ぐ意味があるのか分からなかったけど、水面下から「下から」見た花火が綺麗でした。




 ラスト、なずなが居なくなったもとの世界に戻ったというのが良かったです。

 

 

 


 

 

 ということで、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の感想でした。
 期待していたので、残念でした.............。
 まぁ、自分はシャフトのアニメを見れたので良かったですが。

 最後まで読んで下さった方々、ありがとうございました!

 

 

 

広告を非表示にする